重機整備士の仕事内容とは?向いている人や年収も解説


重機整備士の正式名称は「建設機械整備技能士」であり、建設機械のメンテナンスに欠かせない人材です。


では実際にどういった仕事を担当することになるのでしょうか。


今回はそんな重機整備士の詳しい仕事内容や重機整備士になる方法などを解説していきます。


重機整備士の仕事内容

重機整備士の資格の正式名称は「建設機械整備技能士」であり、主に建設現場で使用されているショベルカーやユンボなどの機械の整備を行います。


建設機械のカスタマイズやメンテナンス講習などを重機整備士が担当することもあります。


その他、重機整備士には労働安全衛生法によって「定期自主検査」をしなければならないと定められているため、建設機械がきちんと稼働できるかどうかを確認する義務があります。


建設現場では働く人が多く、さまざまな重機や建機などが使用されています。


些細な整備のミスが重大な事故に発展するおそれがあります。


建設現場で安全に作業が行われるようにするために、重機整備士はなくてはならない存在です。


重機整備士のメリット

建設現場を支える仕事であることから、重機整備士の仕事にはメリットがあります。

需要が高い

需要が高い

重要な産業である建設関係の仕事であることから、重機整備士の需要は依然として高いです。


日本は現在少子高齢化ではありますが、総人口は1億人以上と多く、建物の建設には高い需要があります。


老朽化した建物、耐震工事、災害復旧など建設業が必要される場面は数多くあります。


さらに建設業はどの地域においても重要な存在であり、地域経済の刺激策として期待されています。


こうしたことから、建設機械を扱う重機整備士には需要があります。

将来性がある

建築物は人間の生活において必要不可欠な存在であるため、建設機械のメンテナンスを請け負う重機整備士は将来的にも高い需要があります。


復興需要や五輪関連需要が落ち着く 2020 年後半になると、インフラの更新や自然災害に備えるための国土強靭化などが重要視されます。


そうなると、国内の建設業は活性化されるでしょう。


また国内には老朽化した建物も数多くあり、これからも建て替えの需要が発生します。


こうした建物の建て替えや立て直しとなった際に重機は必要となります。


以上のことから、将来的にも重機整備士には一定の需要があると言えます。


重機整備士に向いている人

仕事内容から重機整備士に向いている人の特徴は次の通りです。

知識を磨く努力ができる

重機整備士の仕事内容が建設機械を扱うことであるため、機械に触れるのが好きであれば向いていると言えるでしょう。


ただし単に機会が好きなだけではなく、建設機械に関する知識を磨いていく努力も行っていく必要があります。


今後建設機械を巡る技術革新が起きる可能性がありますし、新しい知識を吸収しておかないと、仕事に支障が出てきます。


長期的にきちんと仕事ができるようにするためには、日頃から仕事に関する知識を仕入れておく必要があります。

コミュニケーションが苦にならない

機械を扱うため黙々と作業することが多いですが、それでも仕事上はコミュニケーションが重要となります。


どのような仕事でもコミュニケーションは働く上で大切です。

仕事を円滑にこなしていくためには、さまざまな人とのコミュニケーションが欠かせません。


相手の要望は何なのか、自分に何が求められているのかをきちんと理解しながら働くことが求められます。


面接でもコミュニケーション能力は問われますので、普段から意識して人と接することを心がけましょう。


コミュニケーション能力があると認められると、面接担当者からの評価も上がり、転職に成功しやすいです。


重機整備士になるには資格が必要

重機整備士の資格の正式名称は「建設機械整備技能士」であり、特級、1級、2級に分かれています。

試験の概要

試験は学科試験と実技試験に分かれています。


学科試験は前期試験が例年7月下旬から9月下旬、後期試験は1月下旬から2月下旬にかけて実施されています。


実技試験は前期試験が6月下旬から9月上旬、後期試験が11月下旬から翌年2月下旬にかけて実施されています。


基本的に2級以上を取得していると、重機や建機の修理やメンテナンスを一通りこなせるようになります。


1級ではさらに高度な専門知識が出題され、特級では監督者や管理者クラスの技能に関する知識が出題されます。


試験の申し込み期間は例年前期試験が4月上旬から中旬、後期試験が10上旬から中旬となります。


学科試験と実技試験それぞれ100点満点であり、学科試験は65点以上、実技試験は60点が合格ラインです。

受験資格

2級に関しては、建設機械に関わる実務経験が最低2年以上が受験資格となります。


1級の場合は7年以上、もしくは2級合格後2年以上の実務経験が求められます。


特級の場合は、1級に合格してから最低5年以上の実務経験が必要となります。


1級や特級を受験するためにはそれなりの実務経験がないといけませんが、これらの級を取得していると管理職としての適性が認められ、転職や昇進で有利になります。

合格率

建設機械整備技能士の試験は国家試験です。


そのため、試験自体はそれなりの難易度があります。


学科試験と実技試験を合わせた各級の合格率は、例年2級が43%、1級が3%、特級は54%となっています。

学習方法

各級の試験に合格するためには、各都道府県の職業能力開発協会で開催されている講習会を受講する、もしくは中央職業能力開発協会図書センターで購入できる問題集を用意して対策する必要があります。


試験問題は過去問をベースに出題されるため、いかに多く問題を解いているかが合格のカギです。


また実技試験もありますので、普段の仕事も頑張りましょう。

重機整備士として働くなら転職サイトがおすすめ!

重機整備士の資格を活かして転職したい時は転職サイトが役に立ちます。


いざ転職活動をしようとしても何から手を付ければいいかわからない方もいらっしゃるかと思います。


会社の情報を集めようと思っても、個人ですと会社の情報を収集しにくいこともあります。


そうしたときにとても心強いのが転職サイトです。


転職サイトでは転職希望者に履歴書の添削や面接のアドバイスなど、さまざまなサポートをしてくれます。


転職活動というと一人で進めていくイメージがあって心細いという方もいらっしゃるかもしれませんが、転職サイトを活用すればきめ細かいサポートが受けられるので安心です。


面接対策については自分が受ける企業の面接の傾向やそれに合わせた対策をきちんと教えてくれることもあります。


実際に面接の練習をしてみると、自分では気がつかなかった改善点が見えてくることが多いです。


転職サイトには豊富な求人が掲載されており、中には一般的な求人サイトでは掲載されていない非公開求人も紹介してくれます。


一般には公開されていない求人の場合、給料や福利厚生などの条件が公開求人と比べていい場合が多いので、転職サイトを利用する際はどういった条件が提示されているのか確認してみましょう。


まとめ

重機整備士の仕事内容は、建設機械のメンテナンス、建設機械に関する安全講習の実施、機械の安全の点検などです。


建設事業は地域経済を支える重要な柱であり、長期的に見ても高い需要があります。


そのため、重機整備士としてのキャリアがあると転職で有利になります。


また1級や特級など上位の資格があると管理職に昇進しやすくなります。


機会に触れることに興味のある方は、重機整備士を目指してみるといいでしょう。


 アップガレージグループが提供する、自動車業界専門の転職エージェント「BoonBoonJob」にお任せください!

転職は、人生を決める大きな決断です。未経験からの転職、経験を活かしたキャリアアップなど、転職を考える理由は様々です。特に、専門的な業界での転職を考える際、年収アップ、やりがい、職場環境、ライフワークバランスが気になる方も多いはずです。


「BoonBoonJob」は、自動車業界専門の転職エージェントです。「他の転職エージェントにはない求人があった」と他のエージェントでは見つけられなかった魅力的な案件と巡り合えるかもしれません。


20代・30代の若手から40代・50代のミドル世代まで、転職活動を効率的に進めるために国家資格のキャリアコンサルタントを始め、有資格者のキャリアアドバイザーが安心サポートします!


自動車業界の内情を徹底的に把握しているため、求職者と企業とのミスマッチが少ないことも強みです。少しでも興味を持たれた方は、まずは求人検索をご活用ください!


▼LINEからもお気軽にお問い合わせください▼


多数の求人を掲載しておりますので

ぜひ、BoonBoonJobサイトでチェックしてみてください😍










このブログの人気の投稿

今さら聞けないUberとは?UberEatsとUberの違いは?日本ではUberTaxi使える?詳しく解説!

【新着求人】3月は企業の採用意欲は強く、ライバルも少ない!3月の新着求人情報をご紹介!

【新着求人】2月は転職市場が最も盛り上がる時期!2月の新着求人情報をご紹介!