農業整備技能士の資格とは?合格率や勉強方法など

農業機械整備技能士とは、トラクターやコンバインをはじめ、さまざまな農業機械の整備を担う仕事です。


国内の主要産業である農業に欠かせない存在であることから、需要が高いです。


今回はそんな農業機械整備技能士とはどんな資格なのかはもちろん、資格試験の合格率や勉強方法についても解説していきます。


農業整備技能士の資格について

そもそも農業整備技能士とはどのような資格で、どういった仕事を行うのかについてご紹介します。

資格の概要

農業整備技能士とは、トラクターをはじめ農業機械の整備と保守に関する技能を持っていることを証明する資格です。


この資格を取得するためには、中央職業能力開発協会が実施している農業機械整備技能検定に合格すると合格した級に応じて技能士の資格を取得できます。


技能士の資格には1級と2級が設定されており、それぞれ農業整備技能士として上級、中級程度の能力があることを証明しています。

仕事内容

農業整備技能士が行う主な仕事は、農家であるお客様が使用している機械のメンテナンスになります。


顧客となるのは農家の方々はもちろんのこと、規模が大きい集落営農組織や農業生産法人からも仕事の依頼が来ることがあります。


メンテナンスを行う農業機械は、小規模農業向けから大規模生産向けのものまで多岐にわたります。


機械のメンテナンス以外にも、点検や調整、分解、組立といった作業も農業整備技能士が引き受けます。


さらに農業機械の試運転を技能士が引き受けることもあります。

農業整備技能士と農業機械士の違いについて

農業機械整備技能士に似た資格として、農業機械士があります。


これらの資格は農業機械のメンテナンスに関わる点では共通していますが、違いがあります。


農業整備技能士は「国家資格」であり、資格があると転職をはじめ、さまざまなところで技術を証明するのに役に立ちます。


農業機械士は、農業大学校が実施する農業機械士養成研修を受け技能検定に合格すると付与される資格です。


転職時に活かせる資格としては、国家資格である農業整備技能士の方が有用であると言えます。

農業整備技能士資格があるメリット

そんな農業整備技能士の資格を保有していると、さまざまなところでメリットがあります。

国内での需要が高い

近年の農業分野は機械の導入が積極的に進められており、農業機械の技術は進歩しています。


その背景にあるのは少子高齢化に伴う人材不足です。


農業の担い手が減ることにより、従来人がになっていた作業を機械化させる動きが強まっています。


これにより、そうした機械を整備できる農業整備技能士の需要は高まっています。


農業は第一次産業であり、人間の生活を維持していくためにはなくてはなりません。


そのため、農業を支えている農業整備技能士の需要はこれからも高まっていくでしょう。

海外で活躍できるチャンスがある

農業整備技能士のスキルを活かせる現場は国内に留まりません。


農業に関するスキルは汎用性が非常に高く、今まで培ってきた仕事のスキルを海外で活かすことも可能です。


青年海外協力隊の隊員募集でも、農業機械整備の職種は派遣要請の重要度が高いです。


前述したように、農業は人々の暮らしの根幹であるため、多くの国で農業機械整備士の資格は高く評価されます。


自分のスキルを活かして海外で活躍してみたい場合、農業整備技能士の資格取得を考えてみてもいいでしょう。

農業整備技能士に向いている人

そんな農業整備技能士に向いている人の特徴は次の通りです。

機械が好きである

農業機械を扱うことから、機械が好きであることが向いている条件と言えます。


ただ機械が好きなだけではなく、農業機械の技術について積極的に知ることも大切です。


農業の担い手不足や農業のオートメーション化の需要から、農業機械の技術は進歩しています。


日々新しい技術を勉強していないと、新しい機械のメンテナンスに対応できなくなります。


そのため、農業整備技能士として働く上では機械のことを知ろうという意欲が必要です。

体力がある

農業整備技能士として働く上では体力は必要です。


さまざまな部品を扱うため、体力や集中力が要求されます。


勤務先によっては残業時間が増えることもあります。


趣味でスポーツをやっている、運動系の部活動をしていたといった人は、そうした経験を活かして働くことができます。

コミュニケーションが苦にならない

機械を相手にする仕事とはいっても、さまざまな人と接する機会もあります。


お客様への対応はもちろん、同じ職場で働く人とのコミュニケーションも大切です。


相手の要望は何なのか、自分に何が求められているのかをきちんと理解することが問われます。


どのような仕事でもコミュニケーション能力は重要ですので、人との関わり方も意識しながら働きましょう。

農業整備技能士資格の試験について

農業整備技能士資格の試験を受けるにあたって概要を確認しておきましょう。

試験概要

農業整備技能士試験は、都道府県職業能力開発協会という機関が実施しており、各都道府県が受験の申請を受け付けています。


受験資格については、2級が最低2年の関連する実務経験、1級が最低7年の関連する実務経験を必要としています。

試験内容

農業整備技能士の試験は、学科試験と実技試験に分かれています。


学科試験では農業機械の他、材料・機械要素・製図・農業一般・関連基礎知識・安全衛生に関する知識問題が出題されます。


実技試験は作業試験とペーパーテストで構成されています。


作業試験では農用トラクタの点検整備、電気系統・油圧系統の点検などを実施します。


ペーパーテストでは、電気溶接をはじめ実技試験の実施が難しい内容が出題されます。

合格率

試験の合格率については、例年2級、1級ともに50%を超えています。


そのため、試験対策として発行されている「受検の手引」と「学科試験例題集」を使用してしっかり学んでいくことで合格できます。


また実技試験もありますので、普段の仕事にも意欲的に取り組みましょう。

農業整備技能士資格を活かすなら転職サイトがおすすめ!

いざ農業整備技能士の資格を活かして転職活動しようと思っても、何から手をつければいいかわからない方も多いと思います。


特に情報収集の面では、個人ですと会社の情報を収集しにくいこともあります。


そうしたときにとても心強いのが転職サイトです。


転職サイトでは転職希望者に履歴書の添削や面接のアドバイスなど、さまざまなサポートをしてくれます。


転職活動というと一人で進めていくイメージがあって心細いという方もいらっしゃるかもしれませんが、転職サイトを活用すればきめ細かいサポートが受けられるので安心です。


面接対策については自分が受ける企業の面接の傾向やそれに合わせた対策をきちんと教えてくれることもあります。


実際に面接の練習をしてみると、自分では気がつかなかった改善点が見えてくることが多いです。


転職サイトには豊富な求人が掲載されており、中には一般的な求人サイトでは掲載されていない非公開求人も紹介してくれます。


こうした非公開求人の場合は給料や福利厚生などの条件が公開求人と比べていい場合が多いので、転職サイトを利用する際は掲載されている情報を確認しておきましょう。


まとめ

農業整備技能士は、農業機械のメンテナンスや点検、試運転などを行う仕事です。


農業は日本の食料自給率を支える重要な分野ですので、農業整備技能士の需要は高いです。


試験も対策用の問題集を学習していけば合格できますので、農業機械のスキルを活かしたい方は取得されることをおすすめします。




 

 アップガレージグループが提供する、自動車業界専門の転職エージェント「BoonBoonJob」にお任せください!

転職は、人生を決める大きな決断です。未経験からの転職、経験を活かしたキャリアアップなど、転職を考える理由は様々です。特に、専門的な業界での転職を考える際、年収アップ、やりがい、職場環境、ライフワークバランスが気になる方も多いはずです。


「BoonBoonJob」は、自動車業界専門の転職エージェントです。「他の転職エージェントにはない求人があった」と他のエージェントでは見つけられなかった魅力的な案件と巡り合えるかもしれません。


20代・30代の若手から40代・50代のミドル世代まで、転職活動を効率的に進めるために国家資格のキャリアコンサルタントを始め、有資格者のキャリアアドバイザーが安心サポートします!


自動車業界の内情を徹底的に把握しているため、求職者と企業とのミスマッチが少ないことも強みです。少しでも興味を持たれた方は、まずは求人検索をご活用ください!


▼LINEからもお気軽にお問い合わせください▼


多数の求人を掲載しておりますので

ぜひ、BoonBoonJobサイトでチェックしてみてください😍









このブログの人気の投稿

今さら聞けないUberとは?UberEatsとUberの違いは?日本ではUberTaxi使える?詳しく解説!

【新着求人】3月は企業の採用意欲は強く、ライバルも少ない!3月の新着求人情報をご紹介!

【新着求人】2月は転職市場が最も盛り上がる時期!2月の新着求人情報をご紹介!