今さら聞けないUberとは?UberEatsとUberの違いは?日本ではUberTaxi使える?詳しく解説!



こんにちは!
BoonBoonJob運営事務局です。

宇宙へ行った前澤社長がUberEatsの配達員として、
国際宇宙ステーションに食べ物を届けたというニュースをご存じでしょうか。

これは史上初の宇宙へのデリバリーと言われているんですよ👀
今回はよく耳にするようになったUberとはどういうものなのか詳しく解説します!

そもそもUberとはどういうサービス?

もともとUberは2009年にアメリカで生まれたサービスです。
ライドシェアサービスと呼ばれていて、Uberに登録した人が自分の車を使って、お客さんを乗せて目的地まで送迎します。

Uberに登録すれば、タクシー会社に勤めていなくてもタクシー運転手のお仕事ができるというものです。
勤務時間なども決まっていないため、隙間時間に手軽に働けるのも魅力的ですね。

乗車するお客さんも、アプリを使って簡単に配車でき、リーズナブルな料金のため人気を博しています。

日本ではUberは使える?

アメリカで行われているUber のサービスは日本では法律上で禁止されています。
その代わりにUberTaxiというタクシー配車アプリが使えます

現在は東京や札幌・名古屋・大阪・京都・淡路島などで利用可能です。
設定をすればアプリでの決済もできるので、タクシーを降りる際にお金を払う手間がかかりません。

アプリを使って利用するため、目的地までのおおよその料金やタクシーが到着するまでの時間がわかるのもうれしいですね。
タクシーがなかなか見つけられない!というときはぜひ利用してみましょう。

UberとUberEatsはどう違う?

日本でもよく利用されているUberEatsはタクシー配車サービスのUberから派生したものです。
こちらも飲食店などで働く人ではなく、UberEatsの配達員として登録した人が食事を届けるサービスです。

前澤社長も特別配達パートナーに登録して、宇宙まで食べ物を配達したということです💨

まとめ

Uberはアメリカで誕生した、ライドシェアサービスです。
Uberに登録すると、タクシー会社に勤めていない人でもお客さんの送迎を自分の車で行えます。

日本では同じサービスはありませんが、タクシー配車アプリとしてUberTaxiが使えます。
アプリ内で決算したり、目的地までの料金がわかったりと、便利な仕様がたくさんあります。

UberEatsはUberから派生したサービスで、こちらも登録した人が好きな時間に配達員として働くことができます。

日本にはUberのサービスがないので、タクシーに関わるお仕事がしたい!という人はこちらをチェック!

自動車業界のお仕事が気になる……という方は、LINEのお友達登録をおすすめします!
スマホで簡単に応募&トーク感覚で質問もできますよ♪
下記の公式LINEから、お友達登録してみてください🚗

楽しいを仕事に ~クルマ・バイク好きが集まる転職支援サイト~

BoonBoonJobトップページはこちら


BoonBoonJobのTwitterはこちら

BoonBoonJobの公式LINEはこちら



このブログの人気の投稿

【新着求人】3月に入り新しく掲載されたばかりの求人をお届け!気になる求人がありましたらぜひご応募してください!

【新着求人】4月はキャリアチェンジを実現するための大きなチャンスの時期!4月の新着求人求人情報と積極採用中の企業様のご紹介!

【新着求人】9月は1年の中でも求人数が増える貴重な時期!!◎9月の新着求人情報をご紹介!