整備士の仕事のやりがいとは?向いている人の特徴も解説

整備士としての転職を考えるにあたってやりがいを重視している方もいらっしゃるかと思います。


自分の仕事をできるだけ長く続けていくためには、給料だけではなく、やりがいも重要なポイントになってきます。


整備士のやりがいがわかると、どんな人が整備士に向いているかわかってきます。


今回は整備士としての仕事のやりがいについて解説していきます。


自動車整備士のやりがい



整備士として働く上では、専門性が身に付く、お客様から感謝されるなどさまざまなやりがいがあります。

自動車やバイクに関する専門知識が身につく

日々の業務の中で多くの自動車やバイクを扱うことになりますので、必然的にそれらの知識が身についていきます。


車種によって構造や特性が異なりますので、自動車やバイク好きの方にとってはたまらないでしょう。


仕事を通じて単に車好きというだけではなく、プロフェッショナルとしての専門性も養われていくので、自分の技術やスキルを高めていく楽しさがあります。


経験が積み重ねていくことによって、今まで手こずっていたトラブルに難なく対処できるようになると達成感を実感できると思います。


整備業務をこなしていくうちに成長していると感じられる瞬間は整備士の楽しいところであると言えます。


さらに業務経験を積み重ねれば、1級自動車整備士などより高度な専門資格を受験することが可能になり、自分のキャリアを広げることができます。

さまざまな車種に触れられる

日々の業務の中でさまざまな車種に触れられるのが整備士の仕事の魅力でもあります。


発表されたばかりの新しいモデルを扱う機会もあり、内部構造をくまなく点検することができます。


それ以外にも普段なかなかお目にかかれないような希少な車種を扱う可能性もあり、車好きの方にとってはたまらないでしょう。

お客様から感謝される

カーディーラーなどでは多くのお客様と接する機会もあります。


自動車やバイクの不具合をきちんと把握し、迅速に修理して状態が良くなれば、お客様から感謝されるでしょう。


実際に自分が仕事を請け負い、そのお客様から直接感謝される経験は整備士としてのやりがいと言えるでしょう。


仕事で馴染みのお客様がいれば、相談をされたり、困った時に立ち寄ってもらえたりすることが多くなります。


そうしたことがあると、自分が人から頼りにされているという実感がわきます。


また何よりお客様の安全を守っているという使命感を得ることができます。

会社から評価される

整備士として日々コツコツと仕事を続けていると、勤務先から真面目な仕事ぶりが評価されます。


たとえ大幅な給与のアップでなかったとしても、賞与や手当というかたちで還元されると自分が成長していると実感できます。


また目に見えるかたちで仕事を頑張っていると、周囲の同僚などから信頼されて、職場の雰囲気も良くなっていきます。


会社から評価されることが多くなれば、昇進できる機会ができます。


管理職になれば役職手当がつきますので、仕事のモチベーションが高まります。

やりがい以外の整備士の魅力




やりがいの他にも整備士の仕事には多くの魅力があります。

需要が多い

自動車整備士は国家資格であり、一度資格を取得すると全国で長く働くことができます。


自動車はあらゆる仕事の現場になくてはならない輸送機器であり、プライベートでも多くの人が利用しています。


また最近では自動運転などAIを導入した自動車の開発が進められており、今後も整備士の高い需要が見込まれています。


また全国的に整備士は人手不足の傾向があり、経験を問わず新しい働き手を求めている企業は多いです。


そのため、転職する際にも選べる会社の選択肢が多く、比較的早く次の職場を見つけることができます。

自社ブランドの車やパーツを安く購入させてもらえる

カーディーラーとして整備士の仕事をしていると、福利厚生の一環で自社ブランドの車やパーツを安く購入する特典が得られます。


中古車販売店に勤めている場合は、中古車をより安く購入できることが多いです。


整備に関しては自分自身でもできますので、、車の購入・維持費を大幅に抑えられるというメリットを享受できます。

家族や友人に車のアドバイスをしてあげられる

整備士として仕事をしていると、家族や友人から車やバイクのことで相談を受ける機会もあります。


休日のお休みのドライブ中にとっさのトラブルに見舞われても、整備士の仕事の経験があれば適切な対応がとれるようになります。


プライベートでも車に関するアドバイスをする経験があると、仕事でお客様と接する際に役に立ちます。


整備士として働く上で大変なこと



前述したように、整備士の仕事はやりがいが多く、専門性を活かして働けるのが魅力です。


ただ、その一方で自動車を扱うため大変なところもあります。

力仕事が多くなる

車やバイクのメンテナンスを行いますので、当然力仕事が必要となります。


重い部品の持ち上げや工具の運搬などは、体力がないとかなりハードに感じるかもしれません。


仕事内容によってはケガをするリスクがあります。


整備士として働いている方の中には腰痛で悩む方も少なくありません。


仕事現場ではしゃがみながら作業することが多く、腰と背中に負担がかかりやすいです。


なるべく身体に無理をさせないように、仕事中にしんどいと感じた際は休憩をとるようにしましょう。


常に勉強していける人材が求められる

車やバイクの技術は日々進化しており、自動車整備士として働くにはこられに対応していかなければなりません。


最新のテクノロジーに追いつけなければ、整備士として働くことが難しくなります。


そのため、整備士として日々自分自身のスキルを磨いていく努力が求められます。


たとえ今の自分がお客様や会社から評価されていても、それに甘んじることなく、常に新しい技術を自分で調べて学んでいける好奇心を持ち続けましょう。


整備士として働くのに向いている人



整備士の業務に関しては以下のような人が向いていると言えるでしょう。

新しいことを覚えていける人

前述したように、自動車の技術進歩は早く、それを取り扱う整備士は新しい技術を学び続けなければなりません。


日々自分の知識のアップデートを怠らない人であれば、60歳以降でも継続して働き続けることができます。

手先が器用な人

業務の中では小さなパーツを扱うこともあります。


そのため、手先が器用な人の方が整備の仕事を要領よくこなすことができます。


自動車は人の命にも関わりますので、正確さや丁寧さが重要です。

お客様とコミュニケーションできる人

車検などではお客様とコミュニケーションをとる機会が多くなります。


そのため、自分が担当している仕事を専門外の人にもわかりやすく伝える能力が求められます。


整備士としてのスキルはもちろん大切ですが、コミュニケーション能力の向上も意識しておくことが望ましいです。

まとめ

自動車整備士の仕事には専門性が身に付く、お客様や会社から感謝されるなどさまざまなやりがいがあります。


体力勝負できつい場面もありますが、その分仕事で充足感を得ることができます。


他にも、会社によって特有のやりがいもあります。


整備士専門の転職サイトboonboonjobではさまざまな求人を紹介しています。


自分にとってやりがいが感じられる転職先を見つける際に活用してみることをおすすめします。


 アップガレージグループが提供する、自動車業界専門の転職エージェント「BoonBoonJob」にお任せください!

転職は、人生を決める大きな決断です。未経験からの転職、経験を活かしたキャリアアップなど、転職を考える理由は様々です。特に、専門的な業界での転職を考える際、年収アップ、やりがい、職場環境、ライフワークバランスが気になる方も多いはずです。


「BoonBoonJob」は、自動車業界専門の転職エージェントです。「他の転職エージェントにはない求人があった」と他のエージェントでは見つけられなかった魅力的な案件と巡り合えるかもしれません。


20代・30代の若手から40代・50代のミドル世代まで、転職活動を効率的に進めるために国家資格のキャリアコンサルタントを始め、有資格者のキャリアアドバイザーが安心サポートします!


自動車業界の内情を徹底的に把握しているため、求職者と企業とのミスマッチが少ないことも強みです。少しでも興味を持たれた方は、まずは求人検索をご活用ください!


▼LINEからもお気軽にお問い合わせください▼


多数の求人を掲載しておりますので

ぜひ、BoonBoonJobサイトでチェックしてみてください😍

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

このブログの人気の投稿

今さら聞けないUberとは?UberEatsとUberの違いは?日本ではUberTaxi使える?詳しく解説!

【新着求人】3月は企業の採用意欲は強く、ライバルも少ない!3月の新着求人情報をご紹介!

【新着求人】2月は転職市場が最も盛り上がる時期!2月の新着求人情報をご紹介!