整備士の就職試験とは?内容や対策のポイントを解説


自動車整備士として就職するにあたっては、就職試験を受けなければなりません。


また学校や大学とは違い、面接の比重がとても大きいので、面接対策もきちんとしておく必要があります。


今回は自動車整備士になるための就職試験の内容と対策のポイントをご紹介します。

整備士の就職試験の内容

自動車整備士の試験内容は


  • 筆記試験
  • 適性試験
  • 実技試験

から構成されています。


どの試験も非常に重要であり、きちんと対策をして本番に臨む必要があります。


筆記試験

就職試験における筆記試験はペーパーテストとも呼ばれ、基本的にはマークシート方式となっています。


一般常識(教養)を問う問題が中心であり、文章読解や数学に関する知識を問う問題が多いです。


最近では英語も出題されることもあります。


問題のレベルとしては、小学校〜高校程度のレベルが想定されています。


試験の内容は就職試験で使用されるSPIに近いと考えていいでしょう。


適性試験

適性試験とは、応募した人の能力や性格を判定し、採用の判断材料にするために行われます。


判断基準は会社によって異なり、規模が大きいところであれば面接試験に進むための人数調整として利用されることが多いです。


問われる内容は一般常識的なことであり、コミュニケーション能力やストレス耐性を見るために利用されます。


面接試験

就職試験において欠かすことの出来ないのが面接です。


面接は経歴書・職務経歴書を見ながら行われ、それに沿った質問が行われます。


履歴書・職務経歴書は正確に記入することが大切です。


少しでも自分の経歴を良く見せようとして虚偽の内容を記入しますと、本番の面接で詳しく聞かれた際に受け答えができない可能性があります。


面接で困らないためにも、提出する書類には正確な情報を記載しておきましょう。

実技試験

自動車整備士の採用試験では実技試験が行われることがあります。


試験内容は点検、分解、組み立て、調整、修理など基本的な業務が中心です。


また会社によっては独自の試験を課している場合があります。


試験内容でわからないことがあれば、企業に直接質問したり、転職サイトのアドバイザーにアドバイスをもらうなりしましょう。

整備士の就職試験対策のポイント

整備士の試験就職試験はきちんと対策することで対応できます。


各試験ごとの対策のポイントは以下の通りです。

筆記試験対策のポイント

前述したように、整備士の就職試験で課せられる筆記試験の内容はSPIに近いです。


基本的には筆記試験対策はSPIと同じ要領で行うことになります。


対策としてはSPIの過去問を解くことが重要です。


過去問をたくさん解くことで回答方法のパターンが身につき、知識を確実に定着させることができます。


過去問は複数用意する必要はなく、1冊のみ用意してそれを繰り返し解くようにしましょう。


問題を解く際には制限時間を測って解くことが大切です。


実際の試験と同じように解くことで試験慣れすることができ、本番に安心して望むことができます。


適性試験対策のポイント

適性試験の問題数は多く、300問を超えることもあります。


そのため、適性試験では早くそして、正確に回答していくことが求められます。


問題にはきちんと目を通して、誰からもマイナスイメージにとられかねない質問には×をつけておきます。


具体的な試験対策については筆記試験対策をしっかり行っていれば、本番で問題を回答をする際に慌てずに済みます。


ですので、必要に応じて問題集を解いて知識を身につけておく必要はありません。


ただ心配な方は自己分析をしてみて、物事の捉え方や好む行動を把握しておくといいでしょう。


自分がどのような人間であるかをもう一度知ることで性格に関する質問に答えやすくなり、本番で安心して回答することができます。


面接試験対策のポイント

整備士の面接試験の対策としてはまず見た目に気を使うことが大切です。


実際の勤務では動きやすい服装ですが、面接の場ではTPOをわきまえているかが問われますので、きちんとビジネススーツを着用しておく必要があります。


たとえビジネススーツを着用していても、袖が長い、身幅がだぶついている、体に合っていない場合は相手に不誠実な印象を与えます。


また汚れやシワも社会人としてだらしないイメージを持たれる原因になりますので、服装には気をつけましょう。


また履歴書や職務経歴書はきちんと正確に記入することが大切です。


面接で詳しく聞かれることを想定して、自分が書いた内容を見直し、それに対する回答を作成しておくと本番の面接をきちんとこなすことができます。

実技試験対策のポイント

前述したように、整備士の実技試験は仕事に直結する内容がほとんどです。


試験対策のポイントとしては、自動車整備工場などで整備士として働いている場合は具体的な対策は不要です。


もし実技試験に不安がある場合は、自分が苦手とする業務になれるように改善点を見つけて、克服するようにしましょう。


こうした経験は面接でのアピールポイントにもなります。

整備士の面接試験で好印象を与えるポイント

整備士の就職試験の中では面接は大きな比重を占めています。


面接試験で担当者に好印象を与えることができれば、内定に大きく近づきます。


マナーを守る

面接担当者はマナーが身についているかどうかを見ています。


会社によっては整備士でもお客様と接することが多いので、相手を不快にさせないマナーはとても重要です。


面接会場内での挨拶、ノックの仕方やドアの開け閉め、座る時の姿勢など、相手に失礼がないような振る舞いができているか日常生活で確認することが大切です。


基本的なマナーがしっかり出来ていると担当者の印象が良くなり、気持ち良く面接を進めることができます。


笑顔を忘れない

普段から常に明るい顔を心掛けていると、面接当日でも笑顔で受け答えができるようになります。


表情が明るいだけで面接担当者の評価が上がります。


自動車整備士は点検・整備の説明でお客様と直接接することがありますので、いかに笑顔で受け答えできるかが面接での評価が違ってきます。


また整備士としての立場で見ても、愛想よく振る舞えることは職場の雰囲気を良くするだけではなく、チームワーク向上にもつながります。


履歴書・職務経歴書に書いた内容をきちんと説明する

自分が書いた書類といっても、その内容をすべて覚えているとは限りません。


忘れてしまっている内容もあることを考え、面接本番まで書類を一通り見直しておきましょう。


面接では過去に対応した車種・メーカー、経験した修理項目、点検項目は聞かれやすいので、わかりやすく説明できるように練習しておくことが望ましいです。


よく出る質問事項を押さえる

整備士の面接試験ではよく聞かれる質問事項があります。


  • 数ある会社の中からなぜ弊社を志望したのですか?
  • ご自身の長所と短所を教えてください。
  • どのような点で弊社に貢献できますか?
  • 仕事中にミスをしたらどうしますか
  • 整備に不満がある顧客にはどう対応しますか?

上記以外にも会社によっては面接試験で頻出する質問がある場合もあります。


面接で聞かれやすい質問にはすべて自分自身の回答を用意しておきましょう。


回答について自分の過去の経験を交えて説明することで、内容に説得力を持たせることができます。


面接試験は場慣れするしておくと、安心して臨むことができます。


転職サイトやハローワークなどで面接の練習をしておくといいでしょう。

まとめ

整備士の就職試験はしっかり準備を行うことで対応できます。


ただ企業によっては独自の試験問題を課しているところもあります。


企業ごとの傾向を知るのにおすすめなのが転職サイトです。


BoonBoonJobなら会社に応じてアドバイスをしてくれるので、転職活動が初めての方でも安心です。


きちんと会社ごとの対策をする際は転職サイトを利用してみることをおすすめします。

 アップガレージグループが提供する、自動車業界専門の転職エージェント「BoonBoonJob」にお任せください!

転職は、人生を決める大きな決断です。未経験からの転職、経験を活かしたキャリアアップなど、転職を考える理由は様々です。特に、専門的な業界での転職を考える際、年収アップ、やりがい、職場環境、ライフワークバランスが気になる方も多いはずです。


「BoonBoonJob」は、自動車業界専門の転職エージェントです。「他の転職エージェントにはない求人があった」と他のエージェントでは見つけられなかった魅力的な案件と巡り合えるかもしれません。


20代・30代の若手から40代・50代のミドル世代まで、転職活動を効率的に進めるために国家資格のキャリアコンサルタントを始め、有資格者のキャリアアドバイザーが安心サポートします!


自動車業界の内情を徹底的に把握しているため、求職者と企業とのミスマッチが少ないことも強みです。少しでも興味を持たれた方は、まずは求人検索をご活用ください!


▼LINEからもお気軽にお問い合わせください▼


多数の求人を掲載しておりますので

ぜひ、BoonBoonJobサイトでチェックしてみてください😍






このブログの人気の投稿

今さら聞けないUberとは?UberEatsとUberの違いは?日本ではUberTaxi使える?詳しく解説!

【新着求人】3月は企業の採用意欲は強く、ライバルも少ない!3月の新着求人情報をご紹介!

【新着求人】2月は転職市場が最も盛り上がる時期!2月の新着求人情報をご紹介!