整備士が不足!主な理由や転職する人にとってのメリットについて


日本国内ではさまざまな職種が人手不足と言われていて、整備士も冷害ではありません。人手不足は事業者にとっては悩ましい問題ですが、整備士個人にとっては転職するチャンスにもなります。今回はそんな整備士が不足する理由や整備士の転職の際のメリットを解説していきます。


整備士が不足している理由





近年日本国内で自動車整備士が不足している理由は次の通りです。

少子高齢化

国内の整備士不足に拍車をかけている要因が少子高齢化です。


労働力を担う若年層の人口が減少していて、整備士になる人も少なくなっています。


全国自動車大学校・整備専門学校協会調べによると、2021年度の自動車整備学校の入学者数は6,536人であり、2003年の12,394人であった時と比べて半数近く減少しています。


そのため、自動車整備学校を卒業してから就職先である整備工場の就業者も減少してきます。

都市部での車離れ

都市部における若者の車離れも整備士の減少の要因になっているとも言われています。


東京をはじめ大都市圏では物価高に伴う生活費の高騰を背景に、マイカーを維持するのが難しいという若者も少なくありません。


また大都市では電車やバスなどの公共交通機関が発達していて、マイカーを持たなくても日常生活に不自由しないということも背景にあります。


そのため、マイカーの購入・維持費用が持つことの魅力に見合わなくなったと考えられます。


そうしたことが、大都市において自家用車の需要を低下させる要因となっています。

自動車業界における現状



自動車業界における整備士の現状は以下のようになっています。

自動車整備士の人数

日本自動車整備振興会連合会が毎年実施している「自動車特定整備業実態調査結果の概要」によりますと、令和4年度の整備士の数は 331,681 人となっています。

自動車整備士の平均年齢

日本自動車整備振興会連合会の「自動車特定整備業実態調査結果の概要」では、自動車整備士の平均年齢は46.7歳となっています。


前述した若年層の減少の影響から、自動車整備工場によっては40歳でも一番若いというところもあります。


整備士の将来性



少子高齢化や都市部での個人の車離れなど不安材料はあるものの、自動車自体の需要は高く、整備士の仕事には将来性があります。

依然として整備士の需要は高い

自動車はあらゆる仕事の現場になくてはならない輸送機器であり、プライベートでも多くの人が利用しています。


また最近では自動運転などAIを導入した自動車の開発や電気自動車の普及推進が進められており、今後も整備士の高い需要が見込まれています。


また全国的に整備士は人手不足の傾向があり、経験を問わず新しい働き手を求めている企業は多いです。


そのため、転職する際にも選べる会社の選択肢が多く、比較的早く次の職場を見つけることができます。

安定した働き方が可能

自動車整備士は国家資格であり、一度資格を取得すると全国で長く働くことができます。


整備工場によっては無資格・未経験でも働ける求人もありますが、自動車整備士の資格があると、探せる求人の数が大幅に増加します。


給料面についても近年では上昇傾向にあり、日本自動車整備振興会連合会の「自動車特定整備業実態調査結果の概要」のデータでも整備士の平均年収は約404万円と、400万円台を越えてきています。


最近では業種を問わず賃上げの動きが続いていますので、今後も平均年収が上昇する可能性があります。

キャリアパスのチャンスがある

自動車整備士からのキャリアパスとしては現場の管理職の他、さまざまなルートがあります。


整備士として整備工場で働き続ける場合は、工場長や副工場長に昇進する可能性が見えてきます。


管理職ですので、メンテナンス計画の作成や現場環境の改善の他、人材育成などやるべき仕事が多いですが、その分やりがいがあり、役職手当によって給料アップが見込めます。


検査業務に関心がある場合は、自動車検査員として働くこともできます。


自動車検査員は「みなし公務員」とも呼ばれ、「指定工場」では最低1名以上配置しなければならないと決められています。


その他、お客様と接することが楽しいと感じられるのであれば、コミュニケーション能力を活かして自動車業界の営業職として働くことも可能です。


営業職は歩合制のところが多く、成果次第では整備士の時よりも大幅に給料をアップさせることができます。

整備士の人手不足による転職でのメリット



整備士の人手不足はこれから転職活動する人にとってはメリットをもたらします。

労働条件や待遇の改善に取り組む企業が増えている

最近では人手不足を受けて、より多くの整備士を取り込もうと労働条件や待遇改善を行っている会社も多いです。


さらに最近では女性が働ける環境を整えるために、職場環境の改善に取り組んでいるところもあります。


求人を募集している会社を調べてみて、どういった取り組みをしているか確認しておくといいでしょう。

スキルアップする機会が増える

近年では若手の整備士を職場に定着させるために、スキルアップのための研修を積極的に実施しているところも多いです。


こうした研修はキャリアアップの上で非常に役に立ちます。


整備士の転職には転職サイトがおすすめ!

転職活動を個人で行うのは不安という人も多いと思います。


そんな時に頼りになるのが転職サイトです。


整備士の転職サイトでは転職希望者に履歴書の添削や面接のアドバイスなど、さまざまなサポートをしてくれます。


転職活動というと一人で進めていくイメージがあって心細いという方もいらっしゃるかもしれませんが、転職サイトを活用すればきめ細かいサポートが受けられるので安心です。


面接対策については自分が受ける企業の面接の傾向やそれに合わせた対策をきちんと教えてくれることもあります。


実際に面接の練習をしてみると、自分では気がつかなかった改善点が見えてくることが多いです。


また転職サイトには数多くの整備士の求人が掲載されています。


整備士の転職に特化した転職サイトであれば、整備士関連の豊富な求人数が掲載されていて、自分が希望する求人を見つけやすいです。


またサイトによっては一般的な求人サイトでは掲載されていない非公開求人も紹介してくれます。


こうした非公開求人の場合は給料や福利厚生などの条件が公開求人と比べていい場合が多いので、整備士の転職サイトを利用する際は確認しておきましょう。


この他、転職サイトでは内定後の労働条件の交渉もサポートしてくれます。


個人ではなかなか言いにくい給料面の条件でも、本人に代わって交渉してくれますので安心です。

まとめ

少子高齢化や個人のマイカー離れなど不安材料はありますが、依然として自動車およびそれを整備する整備士の需要は高いです。


近年では人手不足を受けて待遇や職場環境の改善に取り組んでいる企業が多いです。


もし今の職場の労働条件に不満がある場合は、転職を検討されることをおすすめします。


boonboonjobでは専任アドバイザーが転職活動中はもちろん、内定後の条件交渉まできちんとサポートしてくれます。


転職活動の際はboonboonjobを活用してみましょう。





 アップガレージグループが提供する、自動車業界専門の転職エージェント「BoonBoonJob」にお任せください!

転職は、人生を決める大きな決断です。未経験からの転職、経験を活かしたキャリアアップなど、転職を考える理由は様々です。特に、専門的な業界での転職を考える際、年収アップ、やりがい、職場環境、ライフワークバランスが気になる方も多いはずです。


「BoonBoonJob」は、自動車業界専門の転職エージェントです。「他の転職エージェントにはない求人があった」と他のエージェントでは見つけられなかった魅力的な案件と巡り合えるかもしれません。


20代・30代の若手から40代・50代のミドル世代まで、転職活動を効率的に進めるために国家資格のキャリアコンサルタントを始め、有資格者のキャリアアドバイザーが安心サポートします!


自動車業界の内情を徹底的に把握しているため、求職者と企業とのミスマッチが少ないことも強みです。少しでも興味を持たれた方は、まずは求人検索をご活用ください!


▼LINEからもお気軽にお問い合わせください▼


多数の求人を掲載しておりますので

ぜひ、BoonBoonJobサイトでチェックしてみてください😍






このブログの人気の投稿

今さら聞けないUberとは?UberEatsとUberの違いは?日本ではUberTaxi使える?詳しく解説!

【新着求人】3月は企業の採用意欲は強く、ライバルも少ない!3月の新着求人情報をご紹介!

【新着求人】2月は転職市場が最も盛り上がる時期!2月の新着求人情報をご紹介!