自動車整備士になるためには?必要な資格や取得方法を紹介

 

自動車整備士として働くためには、資格があることが望ましいとされています。


たしかに、無資格者を募集している求人もありますが、有資格者を求めている職場の方が多いです。


また資格があることで、将来へのキャリアアップがしやすくなります。


今回は自動車整備士になるために必要な資格や取得方法をご紹介します。


自動車整備士のなるためには資格が必要



自動車整備士として働くためには国土交通大臣の行う「自動車整備士技能検定試験」に合格し、資格を取得することが必要です。


自動車整備士の資格の種類

自動車整備士の資格には、1級・2級・3級、特殊整備士の4種類があります。


級が上がっていくにつれて担当できる仕事の範囲が広がり、キャリアアップがしやすくなります。


3級自動車整備士

3級自動車整備士は、


  • 3級自動車ガソリン・エンジン整備士
  • 3級自動車ジーゼル・エンジン整備士
  • 3級自動車シャシ整備士
  • 3級二輪自動車整備士

の4種類に分かれています。


3級を取得している場合は、点検業務や自動車用品の取り付け、オイル交換、タイヤ交換といった仕事を行うことができます。


2級以上とは違い基本的な仕事しか担当することができませんので、整備士としてステップアップするのであれば2級以上を目指すことをおすすめします。


2級自動車整備士

2級自動車整備士には、


  • 2級ガソリン自動車整備士
  • 2級ジーゼル自動車整備士
  • 2級自動車シャシ整備士
  • 2級二輪自動車整備士

の4種類に分類されます。


2級自動車整備士は3級の仕事に加え、自動車メンテナンスや点検、分解整備といった仕事も担当することができます。


転職サイトに掲載されている求人の多くは2級以上を必要資格として明記しているため、2級を取得すると多くの求人に応募できるようになります。

1級自動車整備士

1級自動車整備士は自動車整備士の資格の中でも最上位の資格であり、


  • 一級大型自動車整備士
  • 一級小型自動車整備士
  • 一級二輪自動車整備士

の3種類に分類されます。


ただし、2023年時点では一級小型自動車整備士以外は実施されていません。


1級自動車整備士を取得するためには、ハイブリッド車や電気自動車といった車種の整備に必要な知識や予防安全技術に熟知している必要があります。


環境問題・安全管理面に関する詳細な法令知識も求められます。


1級自動車整備士を取得するメリットは、管理職として整備士のリーダーを任せられる機会に恵まれやすいことです。


将来的に管理職を目指すのであれば、1級まで目指すといいでしょう。

特殊整備士

自動車の特定のパーツを扱うことができる資格が特殊整備士です。


  • 自動車タイヤ整備士
  • 自動車電気装置整備
  • 自動車車体整備士


の3種類があり、資格によって担当できるパーツが異なります。


整備士2もしくは1級を取得すれば基本的な仕事はすべて担当できますが、特殊整備士資格があると、特定のパーツのスペシャリストとして勤務することができます。


探せる求人の幅が広がりますので、余裕があれば特殊整備士の資格を取得してみてもいいでしょう。

自動車整備士の資格を受験する条件

自動車整備士の各級の受験資格は以下の通りです。


  • 自動車整備士3級:実務経験が1年以上ある、機械科などの学校大学卒業であれば実務経験が6ヵ月以上ある
  • 自動車整備士2級:3級資格を取得した上で実務経験が3年以上ある
  • 自動車整備士1級:2級を取得した上で実務経験が3年以上
  • 特殊整備士:実務経験が2年以上ある、自動車整備系の専門学校・認定大学を卒業していれば実務経験が1年以上ある(特殊整備士課程卒業の場合は筆記試験のみ)

自動車整備士の資格は学校や会社などで自動車整備の実務を身につけていなければ、受験することができません。

自動車整備士の資格を取得する方法



自動車整備士の資格を取得する方法としては、技術講習を受ける、専門学校に通うといったことが挙げられます。

専門学校に通う

国が指定している自動車整備の専門施設を卒業することで自動車整備士3級を取得することができる上、二級自動車整備士の受験資格も得られます。


その上で自動車整備工場などで3年間働くことで、自動車整備士1級の受験資格を得ることができます。


それ以外にも、4年制の専門学校や大学校の一級自動車整備士の課程を修了することで一級の受験資格を取得することも可能です。


専門学校の大きなメリットは無理なく資格取得を目指せること。


時間に余裕を持って体系的に知識を教えてもらえるので、無理なく2級以上を目指すことができます。

働きながらでも整備士資格取得を目指せる

自動車に関わる学校や課程を修了していれば3級を取得できますが、そうでない場合は整備工場などに転職して受験資格を満たす必要があります。


3級の受験資格を得るには、認証工場や指定工場で1年以上勤務しなければなりません。


無資格・未経験から自動車整備士を目指す場合は、未経験歓迎の求人を見つけることが必要です。


自動車整備士の需要は高く、未経験でも採用してくれる会社も多いです。


そうした会社に転職し、実務経験を積むことで3級の受験資格を満たすことができます。

自動車整備士になるためには就職・転職活動も重要



自動車整備士になるためには就職・転職活動を行う必要があります。


主な方法としては自分で探す他、ハローワークや転職サイトも役に立ちます。


自分で求人を探す

一般的な方法は求人を募集している会社を自分で探すことです。


最近では整備工場を始め、多くの会社が自社のホームページで求人を募集しています。


ただし、会社によってはWEBサイトに求人を掲載していないところもあります。


また自動車整備士の求人は膨大にあり、自分で逐一インターネットで求人を検索すると時間がかかります。


ハローワークを利用する

各地域にある「ハローワーク(公共職業安定所)」では、自動車整備士の求人情報の提供をしています。


ハローワークは年齢層に関わらず気軽に利用することができ、一般的な転職サイトには掲載されていないような求人が掲載されていることもあります。


前述した規模の比較的小さい整備工場や町工場などはホームページや転職サイトではなく、ハローワークに掲載しているところが多いです。


ハローワークは求人を紹介してくれるだけではなく、転職のアドバイスや面接の練習も行ってくれるので、必要に応じて活用してみるといいでしょう。


転職サイトを活用する

整備士の転職で最も役に立つのが転職サイトです。


中でも特におすすめしたいのが整備士の専門の転職サイトです。


自動車整備士専門の転職サイトBoonBoonJobでは、非公開求人も数多く掲載されていますので、希望する就職先を見つけやすくなります。


BoonBoonJobでは応募に必要な履歴書・職務経歴書の添削や面接対策もしっかりと行ってくれます。



またBoonBoonJobでは会社ごとの面接の傾向を詳しく教えてくれますので、面接対策をしっかりと行うことができます。


また内定してそれで終わりではなく、内定者の立場では言いにくい労働条件の交渉も転職サイトが代行してくれます

まとめ

自動車整備士になるためには自動車整備士3級以上の資格が必要です。


基本的に自動車整備士の試験は実務経験が求められます。


もし自動車整備の学校を出ていない場合は、未経験でも働ける会社に就職し、そこから資格取得を目指す必要があります。


整備専門転職サイトBoonBoonJobでは未経験でも働ける求人も数多く掲載しています。


未経験から自動車整備士を目指す際は活用してみるといいでしょう。


 アップガレージグループが提供する、自動車業界専門の転職エージェント「BoonBoonJob」にお任せください!

転職は、人生を決める大きな決断です。未経験からの転職、経験を活かしたキャリアアップなど、転職を考える理由は様々です。特に、専門的な業界での転職を考える際、年収アップ、やりがい、職場環境、ライフワークバランスが気になる方も多いはずです。


「BoonBoonJob」は、自動車業界専門の転職エージェントです。「他の転職エージェントにはない求人があった」と他のエージェントでは見つけられなかった魅力的な案件と巡り合えるかもしれません。


20代・30代の若手から40代・50代のミドル世代まで、転職活動を効率的に進めるために国家資格のキャリアコンサルタントを始め、有資格者のキャリアアドバイザーが安心サポートします!


自動車業界の内情を徹底的に把握しているため、求職者と企業とのミスマッチが少ないことも強みです。少しでも興味を持たれた方は、まずは求人検索をご活用ください!


▼LINEからもお気軽にお問い合わせください▼


多数の求人を掲載しておりますので

ぜひ、BoonBoonJobサイトでチェックしてみてください😍









このブログの人気の投稿

今さら聞けないUberとは?UberEatsとUberの違いは?日本ではUberTaxi使える?詳しく解説!

【新着求人】3月は企業の採用意欲は強く、ライバルも少ない!3月の新着求人情報をご紹介!

【新着求人】2月は転職市場が最も盛り上がる時期!2月の新着求人情報をご紹介!