外国人でも整備士として働ける?具体的な就労方法について


近年では日本国内の働き手の不足により、外国人が労働者として活躍できる機会が増えてきました。自動車整備士についても自動車の需要は高いことから、外国人でも働くことができるようになっています。今回は外国人が日本で自動車整備士として働く方法について解説していきます。


外国人でも日本で整備士になれる


外国人でも日本国内で自動車整備士として働くことができます。


日本は少子高齢化社会に伴い、あらゆる分野で人手不足の傾向にあります。


自動車整備士も同様に人手が不足していて、多くの整備工場で求人を募集しています。


また自動運転技術をはじめ自動車をめぐる技術開発の進展は著しく、それの整備を担当する整備士の需要は高いです。


そのため、自動車整備士になれば日本国内で長く働き続けることができます。


日本で安定した仕事を見つけたい場合、自動車整備士は選択肢としておすすめです。

外国人が日本で整備士になる方法

外国人が日本で自動車整備士として仕事をするためには、自動車整備士の資格を取得する、または特定技能制度を活用して働くという2つの方法があります。


自動車整備士の資格を取得して日本で働く

明示されている基準ではありませんが、自動車整備士2級以上を取得していると、在留資格を得ることができます。


自動車整備士2級以上の場合は在留資格「技術・人文知識・国際業務」に該当し、家族の帯同も認められます。


在留資格については無制限であるため、安心して働き続けることができます。


またこの在留資格で働き続けると永住ビザの申請も可能になります。

特定技能制度で日本で働く

自動車整備士の資格を取得していないけれども、すぐに日本で自動車整備士として働きたい方のための制度が特定技能制度です。


この制度は、すぐにでも働ける外国人労働者のために特定の産業で働く権利が認められる制度です。


特定技能外国人として承認されれば、最長5年間日本国内で自動車整備士の仕事をすることができます。


ただし期限がある上、家族の同伴が認められないというデメリットがあります。


またこの制度を利用して働くためには、自動車整備分野技能評価試験を受験する必要があり、日本語能力も日本語能力試験N4以上を必要とします。

外国人でも未経験から自動車整備士になる方法


外国人が未経験から自動車整備士として働くためには、日本語をはじめ必要最低限のスキルを身につけておく必要があります。

日本語を身につけておく

日本の自動車整備工場は日本人労働者が大半を占めるため、職場でのコミュニケーションをとるために日本語の学習は必要です。


同じ職場の人だけではなく、お客様に対応する際にも日本語を使用します。


また自動車整備士試験や各種書類もすべて日本語であり、専門用語も多いです。


日本語の習得のハードルは高いですが、仕事や日常生活に必要なレベルの日本語ができると仕事がしやすくなり、日本人とのコミュニケーションがスムーズになります。


国内外の日本語学校では日本で自動車整備士として働きたい方のために専門の授業を実施しているところもありますので、確認しておくといいでしょう。

専門学校に通って資格を取得を目指す

日本国内の専門学校の中には、自動車整備士2級を目指す留学生のためのコースを用意しているところもあります。


そうしたコースでは自動車整備士として働くための基礎知識に加えて、試験や日本での生活に必要な日本語も教えてくれます。


自動車整備士資格の受験や日本での整備士として就職のサポートもしっかりと行ってくれます。


自動車整備士を目指すためのコースの実施機関は2~3年であり、無理なく整備士の資格を取得することができます。


未経験でも働ける工場に転職する

日本の就労資格を満たしているのであれば、日本で自動車整備士の求人を見つけることができます。


近年では自動車整備士の人手不足を受けて人材育成に力を入れている会社が多く、日本での業務が未経験でも積極的に採用しています。


また自動車整備士の実技試験免除のために自動車整備士技術講習所の講習を受講する場合は、講習にかかる費用を負担してくれるところもあります。

外国人でも整備士としての転職先を探す方法



外国人が自動車整備士として働ける職場を見つける方法としては、企業に応募する、人材紹介会社を利用する、転職サイトを利用するという3つの方法があります。

会社に直接応募する

自動車整備を行っている会社によっては、求人の応募を直接受けつけているところもあります。


企業のホームページにある専用窓口にて求人を確認するのはもちろん、求人情報が確認できない場合は問い合わせ窓口から採用の有無を調べるという方法もあります。


ただ数ある自動車整備の会社から、該当するところを見つけるのは難しいです。


自動車整備士の求人をインターネットで検索して会社ごとに見つけていくのは時間がかかります。

人材紹介会社を利用する


人材紹介会社は自動車整備士として働きたい人と、自動車整備士を必要としている会社を結びつけるための会社です。


最近では転職の際に人材紹介会社を利用している人も多いです。


利用方法としては、はじめに人材紹介会社に登録し、面談などを通して経歴や希望、条件などを情報を紹介会社に伝えます。


そして紹介会社の担当者が、登録者の情報に合致する会社と登録者のマッチングを行います。


マッチングして選考を通過すると、試用期間を経て採用となります。


ただし転職者を対象とする人材紹介会社が多く、日本国外を含めて就労経験がない場合は利用できないことがあります。

転職サイトを利用する

整備士の転職で最も役に立つのが転職サイトです。


中でも特におすすめしたいのが整備士専門の転職サイトです。


整備士の求人に特化していることから、通常の転職サイトに比べて整備関係の求人を見つけやすいです。


自動車整備士専門の転職サイトboonboonjobでは、非公開求人も数多く掲載されていますので、希望する条件で就職先を見つけやすくなります。


boonboonjobでは転職希望者をサポートしてくれる専任のキャリアアップアドバイザーが在籍しています。


応募に必要な履歴書・職務経歴書の添削や面接対策もしっかりと行ってくれます。



またboonboonjobでは会社ごとの面接の仕方について詳しく教えてくれますので、面接対策をしっかりと行うことができます。


面接対策はなかなか自分一人で行うことが難しいので、練習する機会をつくれるのはとてもありがたいです。


また内定してそれで終わりではなく、内定者の立場では言いにくい労働条件の交渉も転職サイトが代行してくれます。


労働条件の交渉については自分一人で行うよりも、求人を掲載している転職サイトを通して行った方が希望が通りやすいです。


まとめ

日本の会社の多くは人手不足に悩んでいて、自動車整備士として働ける外国人を必要としています。


自動車整備士試験に合格して働くためには日本語学習が必要ですが、一度身につけると長く働き続けることができます。


また自動車整備士として転職する際は転職サイトを利用することをおすすめします。


boonboonjobでは専任アドバイザーが転職活動をしっかりサポートします。


 アップガレージグループが提供する、自動車業界専門の転職エージェント「BoonBoonJob」にお任せください!

転職は、人生を決める大きな決断です。未経験からの転職、経験を活かしたキャリアアップなど、転職を考える理由は様々です。特に、専門的な業界での転職を考える際、年収アップ、やりがい、職場環境、ライフワークバランスが気になる方も多いはずです。


「BoonBoonJob」は、自動車業界専門の転職エージェントです。「他の転職エージェントにはない求人があった」と他のエージェントでは見つけられなかった魅力的な案件と巡り合えるかもしれません。


20代・30代の若手から40代・50代のミドル世代まで、転職活動を効率的に進めるために国家資格のキャリアコンサルタントを始め、有資格者のキャリアアドバイザーが安心サポートします!


自動車業界の内情を徹底的に把握しているため、求職者と企業とのミスマッチが少ないことも強みです。少しでも興味を持たれた方は、まずは求人検索をご活用ください!


▼LINEからもお気軽にお問い合わせください▼


多数の求人を掲載しておりますので

ぜひ、BoonBoonJobサイトでチェックしてみてください😍








このブログの人気の投稿

今さら聞けないUberとは?UberEatsとUberの違いは?日本ではUberTaxi使える?詳しく解説!

【新着求人】3月は企業の採用意欲は強く、ライバルも少ない!3月の新着求人情報をご紹介!

【新着求人】2月は転職市場が最も盛り上がる時期!2月の新着求人情報をご紹介!