重機整備士はきつい?仕事内容や悩みの解決方法


重機整備士は建設機械の整備を担う人材であり、需要が高いです。


ただ実際の仕事はきついとも言われており、人によっては向き不向きがあります。


今回はそんな重機整備士の仕事がきついとされる理由や、悩みの解決方法について解説していきます。


重機整備士の仕事がきつい理由


建設機械を扱う重機整備士の仕事にはきつい側面があります。


必要とされる知識が多い

重機整備士はさまざまな建設機械を扱う仕事であることから、仕事上覚えなければならない知識が多いです。


また単に機会が好きなだけではなく、建設機械に関する知識を磨いていく努力も行っていく必要があります。


今後建設機械を巡る技術革新が起きる可能性がありますし、新しい知識を吸収しておかないと、仕事に支障が出てきます。


長期的にきちんと仕事ができるようにするためには、日頃から仕事に関する知識を仕入れておく必要があります。


精神的負担もある

職場によっては仕事の中で肉体的、精神的な負担を感じることもあるでしょう。


忙しくなると、毎日当たり前のように2時間以上の残業が入ることもあります。


また仕事にまだ慣れていないと何かしらのミスをしてしまうのではないか、と不安に感じることもあるかもしれません。


建設関係の仕事であり、ちょっとしたミスが自己につながることがありますので、精神的に気を使う場面が多いです。

人間関係が厳しい職場もある

職場にもよりますが、人間関係が厳しいと感じることも時としてあります。


職場の中で何かしらのミスがあれば、上司から𠮟責されます。


また些細なことで職場で意見の対立が起きる可能性もあるでしょう。


人間関係が厳しい職場ですと精神的に気疲れしてしまうことがあります。

重機整備士としての悩みを解説する方法

重機整備士として仕事を長続させる方法は以下の通りです。

無理をしない

仕事を長く続けていくには無理をしないことが肝心です。


肉体的にすでに厳しい状況にも関わらず、あまり無理をして働こうとすると、怪我や事故につながるおそれがあります。


もし仕事中にキツイと感じた場合は、他の人に仕事を任せてもらうなどしてもらいましょう。

人に相談する

仕事上辛いことがあれば、1人で抱え込まずに誰かに相談してみることが大切です。


人に自分が思っていることを素直に打ち明ければ、ストレス解消につながり、気持ちがだいぶ楽になります。


職場にいる人はもちろん、職場関係者に言いづらい場合は他の身内の人に相談してみるのもいいでしょう。

ワークライフバランスを重視する

仕事をできるだけ長く続けるにはワークライフバランスが大切です。


体力的に余裕がある場合でも、無理をして働くと、怪我につながるおそれがあります。


会社の労働条件を確認し、自分の体力を相談しながら有給休暇をとるなどして身体をリフレッシュさせる時間を設ける必要があります。


少しでもゆっくり過ごす時間を設けると、モチベーションの高い状態で仕事を始めやすくなります。

転職する

もし今の職場がどうしてもつらいと感じた時は、転職を検討してみることをおすすめします。


ただ転職活動をしようとしても何から手を付ければいいかわからない方もいらっしゃるかと思います。


会社の情報を集めようと思っても、個人ですと会社の情報を収集しにくいこともあります。


そうしたときにとても心強いのが転職サイトです。


転職サイトでは転職希望者に履歴書の添削や面接のアドバイスなど、さまざまなサポートをしてくれます。


転職活動というと一人で進めていくイメージがあって心細いという方もいらっしゃるかもしれませんが、転職サイトを活用すればきめ細かいサポートが受けられるので安心です。


また転職サイトには豊富な求人が掲載されており、中には一般的な求人サイトでは掲載されていない非公開求人も紹介してくれます。


一般には公開されていない求人の場合、給料や福利厚生などの条件が公開求人と比べていい場合が多いので、転職サイトを利用する際はどういった条件が提示されているのか確認してみましょう。


重機整備士に向いている人

重機整備士の仕事にはつらい面がいくつかあるため、向いている人の条件があります。

注意力がある

建設機械を扱う仕事であることから、仕事上高い注意力が求められます。


前述したように、メンテナンスにちょっとしたミスがあると重大な事故につながるおそれがあります。


仕事上は体力はもちろんのこと、高い集中力が必要とされます。


そのため、細かいところにまで目が行き届く人が重機整備士に向いている人と言えるでしょう。


普段から細かいところまで気を配る性格であれば、重機整備士を仕事をきちんとこなせるでしょう。

コミュニケーションが苦にならない

機械を扱うため黙々と集中して作業する時間が多いですが、それでも仕事上はコミュニケーションが重要となります。


どのような仕事でもコミュニケーションは働く上で大切です。


職場の中で円滑に仕事をこなしていくためには、さまざまな人とのコミュニケーションが欠かせません。


相手の要望は何なのか、自分に何が求められているのかをきちんと理解しながら働くことが求められます。


転職の面接でもコミュニケーション能力は問われますので、普段から意識して人と接することを心がけましょう。


コミュニケーション能力があると認められると、面接担当者からの評価も上がり、転職に成功しやすいです。

重機整備士のやりがい

重機整備士の仕事にはきつい面がある分、やりがいもあります。


建設機械に関するスキルがアップする

重機整備士の仕事では建設機械のメンテナンスだけではなく、塗装技術や溶接技術、取扱い方法など異なる分野に関する知識を覚える機会が多いです。


そのため、今まで以上に機械に詳しくなります。


覚える内容こそ多いですが、日々の仕事で得た知識や技術が日常生活に使われている場面が多く、時として実生活で役に立つことがあります。


日々の仕事の一つ一つが無駄にならないため、やりがいがあります。

需要が高い

重要な産業である建設関係の仕事であることから、重機整備士の需要は依然として高いです。


少子化の影響が危惧されてはいるものの、総人口は1億人以上と多く、建物の建設には一定の需要があります。


建物の老朽化、耐震工事、災害復旧など建設業が必要される場面は数多くあります。


さらに建設業は地方の活性化にもつながることから、景気刺激策として重要視されています。


こうしたことから建設機械を扱う重機整備士には高い需要があり、転職活動の際にさまざまな転職先の候補を見つけることができます。


将来性がある

建築物は人間の生活においてなくてはならない存在であるため、建設機械のメンテナンスを請け負う重機整備士は将来的にも高い需要があります。


日本国内では2020年後半以降にインフラの更新や自然災害に備えるための国土強靭化などが必要とされています。


そうなると、国内の建設業は活性化されるでしょう。


また国内には老朽化した建物も数多くあり、これからも建て替えの需要が発生します。


こうした建物の建て替えや立て直しとなった際に重機は必要となります。


以上のことから、将来的にも重機整備士には一定の需要があると言えます。

まとめ

必要な知識の多さや肉体的精神的な負担など、重機整備士の仕事にはきつい面があります。


しかし、建設機械の需要は高く、これからの建設業は必要とされることから、重機整備士の仕事にはやりがいがあります。


また転職サイトを利用すればさまざまな転職先の候補を見つけることができます。


もし今の職場がきついと感じた場合は、転職サイトを活用して自分に合った会社を探してみるといいでしょう。



 アップガレージグループが提供する、自動車業界専門の転職エージェント「BoonBoonJob」にお任せください!

転職は、人生を決める大きな決断です。未経験からの転職、経験を活かしたキャリアアップなど、転職を考える理由は様々です。特に、専門的な業界での転職を考える際、年収アップ、やりがい、職場環境、ライフワークバランスが気になる方も多いはずです。


「BoonBoonJob」は、自動車業界専門の転職エージェントです。「他の転職エージェントにはない求人があった」と他のエージェントでは見つけられなかった魅力的な案件と巡り合えるかもしれません。


20代・30代の若手から40代・50代のミドル世代まで、転職活動を効率的に進めるために国家資格のキャリアコンサルタントを始め、有資格者のキャリアアドバイザーが安心サポートします!


自動車業界の内情を徹底的に把握しているため、求職者と企業とのミスマッチが少ないことも強みです。少しでも興味を持たれた方は、まずは求人検索をご活用ください!


▼LINEからもお気軽にお問い合わせください▼


多数の求人を掲載しておりますので

ぜひ、BoonBoonJobサイトでチェックしてみてください😍





このブログの人気の投稿

今さら聞けないUberとは?UberEatsとUberの違いは?日本ではUberTaxi使える?詳しく解説!

【新着求人】3月は企業の採用意欲は強く、ライバルも少ない!3月の新着求人情報をご紹介!

【新着求人】2月は転職市場が最も盛り上がる時期!2月の新着求人情報をご紹介!