整備士の転職で失敗しないためには?注意すべきポイントについて


整備士として転職活動を成功させるにはきちんと準備をしておく必要があります。


きちんと準備しないまま転職活動すると、転職活動での面接で失敗することになります。


また仮に転職できても、次の職場で自分が思っていたのと違ったと後悔してしまうことになります。


整備士としてのスキルが高くても、転職活動の準備は大切です。


今回は自動車整備士の転職の前後で失敗しないためのポイントについて解説していきます。


整備士の転職で失敗する理由

整備士の転職で失敗する理由としては、必要なスキルが身についていない、企業分析が甘いなどが挙げられます。

必要なスキルがない

整備士の転職は無資格・未経験でも行うことができますが、必要なスキルが身についていないと選べる求人数が限られてきます。


基本的に労働条件の良い求人となると、応募条件として自動車整備士2級以上など、資格やスキルが求められることが多いです。


整備士として必要なスキルが身についていない状態で転職活動を行う場合、それを踏まえて求人を探していく必要があります。

企業・求人分析が甘い

企業・求人分析をしっかりやっておかないと、入社してから後悔してしまうことがあります。


特に給料(待遇)を重視している場合は要注意です。


給料だけを見ていて、残業時間も休日数も確認しなかったために、入社してから休みが少なく残業が多くてしんどい思いをするケースもあります。


企業側が提示されている労働条件をよく確認していないパターンは少なくありませんので、転職活動の際には労働条件にきちんと目を通しておきましょう。

自分の現状を分析できていない

自分の現状をよく理解していなかったために、転職活動で失敗するケースもあります。


本当に自分が何をしないのか自問自答しながら転職活動を行っていかないと、転職先で自分がやりたいと思っていたことができなくてストレスになります。


接客業務でのクレームの処理や事務作業が嫌で整備の仕事に専念したいと思っていても、転職先の職場がコミュニケーションが少なくて、やはり不満ということもあります。


準備不足である

整備士としてのスキルがある程度ある人ですと、自分はスキルがあるからと油断してしまう可能性があります。


ただスキルが備わっていても、転職活動の準備をしておかないと、面接で失敗してしまうことがあります。


面接での受け答えはコミュニケーション能力を見るための手段ですので、ここがきちんとできていないと、整備士としてふさわしくないと見なされるおそれがあります。


自分のスキルの有無に関わらず、転職活動の準備をしっかりやっておきましょう。

整備士の転職で失敗しないためのポイント


整備士の転職活動で失敗しないためには、自己分析を行う、転職の軸を明確化するといったことを行う必要があります。

自己分析をしっかり行う

整備士の転職で失敗しないためには、まず「本当に転職すべきか」きちんと自己分析しておくことが大切です。


自己分析をしっかりやることで、ブレずに転職活動を進めることができ、入社してから後悔しなくて済みます。


就職活動とは異なり、転職活動ではこれまでに働いた経験を基に自己分析を行います。


これまで自分が担当してきた仕事内容を振り返り、それを言語化して、転職理由を決めていきます。


また自分の幼少期までさかのぼって自己分析をしておくと、自分が本当に興味のあることが見えてきます。


インターネットサイトで公開されている自己分析シートを活用して、自分を見つめ直してみましょう。

転職の軸を明確化する

転職活動の面接では「転職の軸は何ですか?」と聞かれることがあります。


転職の軸とは、自分が転職先を選ぶときに重視する条件のことを指します。


転職活動ではこれまでの自分が働いてきた経験が前提になり、比較される会社が存在します。


時として応募先の会社のどこに惹かれて選んだのかを聞かれることがあります。


こうしたことから、仕事選び、会社選びで何を重視しているのかを考えておく必要があります。


転職の軸がきちんと定まっていれば。転職活動に成功し、転職先で整備士として活躍していけるようになります。


自分の転職の軸を具体的するためには、メモ帳やPCなどで自分が大切にしていることや、自分が提供できるスキル、自分が今後身につけたいスキルを文字で表します。


なるべく内容は具体的に記入し、曖昧な表現を使用しないようにすると、面接対策として使うことができます。


また「なぜ?」を3回繰り返して、その理由について深堀していくと、スムーズに面接で自分のことを聞かれた際にきちんと答えられるようになります。

転職で実現したいことを考える

自分が転職先で長く働いていくためには、転職先で実現したいことを具体化する必要があります。


実現したいことには優先順位をつけておくといいでしょう。


優先順位の高いものが転職先を選ぶ上で自分が一番大切にしていることになります。


それに従って求人を探していくと、自分にとってふさわしい会社が見つかります。

転職エージェントをフル活用する

整備士の転職で失敗しないためには、転職エージェントを活用するのも一つの手です。


転職エージェントには専任アドバイザーが在籍しており、自分が希望する条件に合った会社を提案してくれます。


書類の添削や面接対策も行っており、応募する会社ごとの対策をしっかり行ってくれます。


また採用されてからの条件交渉も引き受けてくれますので、ミスマッチで転職に失敗してしまうというトラブルを回避することができます。

整備士の転職活動での注意点

整備士の転職で失敗しないためにも、いくつかの注意点をおさえておく必要があります。

情報収集をしっかり行う

転職活動で何よりも重要なことは情報収集です。


自分が応募する会社のことをよく知っておかないと、転職後に希望と違っていたと後悔することになります。


自分で会社のホームページや資料を参照するのはもちろん、転職エージェントを活用して情報収集してみるのもおすすめです。

転職するメリット・デメリットをよく考える

自分にとって納得のいく転職をするには、転職することのメリット・デメリットをよく考えることが大切です。


本当に今の職場では自分の希望を叶えられないのか、転職活動の準備をする前に、よく考えておきましょう。


もし今の職場で改善できることが見つからなければ、転職することが最適であるということになります。

整備士の転職の面接で失敗しない方法

整備士の転職の面接で失敗しないためには、いくつかのポイントをおさえておく必要があります。

マナーを守る

実際の自動車整備士の業務はもちろん、マナーを守ることは社会人としての基本です。


面接会場内での挨拶、ノックの仕方やドアの開け閉め、座る時の姿勢など、相手に失礼がないような振る舞いを心掛けることが大切です。


基本的なマナーがしっかり出来ていると担当者からの第一印象が良くなり、気持ち良く面接を進めることができます。


笑顔を心掛ける

緊張しやすい人ですと、面接本番であることを意識しすぎて厳しい顔になってしまうこともあるかもしれません。


普段から常に明るい顔を心掛けていると、面接当日でも笑顔で受け答えができるようになります。


表情が明るいだけで面接担当者の評価が上がります。


自動車整備士は車検の説明などでお客様と直接接する機会も多いため、いかに笑顔で受け答えできるかが面接で見られます。


書類の内容に沿って話す

面接は経歴書・職務経歴書に沿って行われます。


質問に対して回答する際に履歴書や職務経歴書に矛盾した内容を答えてしまうと、担当者からの評価を大きく下げてしまうことになります。


話す内容が書類と矛盾しないように、面接当日までに自分が書いた内容を見直しておくようにしましょう。


経験者の場合はこれまで対応した車種・メーカー、修理項目、点検項目は聞かれやすいので、わかりやすく説明できるように練習しておく必要があります。

まとめ

自己分析が甘い、そもそも準備不足であったなどの理由で整備士の転職の前後で失敗することがあります。


失敗しないためには、自分のことはもちろん、働きたい会社のことも分析して自分の希望とのギャップを埋めることが大切です。


情報収集をしっかり行って、悔いのない転職を実現させましょう。

 アップガレージグループが提供する、自動車業界専門の転職エージェント「BoonBoonJob」にお任せください!

転職は、人生を決める大きな決断です。未経験からの転職、経験を活かしたキャリアアップなど、転職を考える理由は様々です。特に、専門的な業界での転職を考える際、年収アップ、やりがい、職場環境、ライフワークバランスが気になる方も多いはずです。


「BoonBoonJob」は、自動車業界専門の転職エージェントです。「他の転職エージェントにはない求人があった」と他のエージェントでは見つけられなかった魅力的な案件と巡り合えるかもしれません。


20代・30代の若手から40代・50代のミドル世代まで、転職活動を効率的に進めるために国家資格のキャリアコンサルタントを始め、有資格者のキャリアアドバイザーが安心サポートします!


自動車業界の内情を徹底的に把握しているため、求職者と企業とのミスマッチが少ないことも強みです。少しでも興味を持たれた方は、まずは求人検索をご活用ください!


▼LINEからもお気軽にお問い合わせください▼


多数の求人を掲載しておりますので

ぜひ、BoonBoonJobサイトでチェックしてみてください😍






このブログの人気の投稿

今さら聞けないUberとは?UberEatsとUberの違いは?日本ではUberTaxi使える?詳しく解説!

【新着求人】3月は企業の採用意欲は強く、ライバルも少ない!3月の新着求人情報をご紹介!

【新着求人】2月は転職市場が最も盛り上がる時期!2月の新着求人情報をご紹介!