整備士はストレスを感じやすい?おすすめのストレス解消法も紹介


自動車整備士は重労働が多く、ストレスを感じやすい仕事の一つとも言われています。


整備士として働き続けるためには、自分のストレスに向き合い、きちんと解消していくことが必要です。


今回は自動車整備士がストレスを感じやすい理由や、おすすめのストレス解消方法について解説していきます。


整備士がストレスを感じやすい理由

整備士は仕事の内容や人間関係など、さまざまなことでストレスを抱えやすいです。


主なストレスの原因は以下の通りです。

仕事内容

整備士としてストレスを抱える大きな要因が仕事内容です。


整備士は需要の高さに比して人手不足の傾向にあり、時期によっては多忙となってしまうことがあります。


体力勝負という側面があることから、夏や冬になりますと、体調不良になる可能性があります。


また主な業務は点検や車検といった決められた仕事が中心であることから、飽きやすい性格の人ですと退屈さからストレスを抱えてしまうかもしれません。


それ以外にも、仕事ではトラブルが付き物です。


動車整備士としてお客さんの車を触るので、整備ミスが発覚するとその対応でストレスを抱えてしまうことになります。


こうしたことから、整備士の仕事はストレスを抱えこみやすいです。

仕事のやりがい

人によっては、整備士としての仕事にやりがいを感じなくなったことでストレスを抱えてしまうこともあります。


前述したように同じ業務の繰り返しになることが多く、流れ作業をやっているようでつまらないという意見があります。


また業務内容のミスマッチもストレスになる要因です。


自分がやりたいことがなかなかできないでいると、人はストレスを抱えてしまいます。


自分がそこまでやりたいとは思わない仕事を続けることは、大きなストレスになりやすいです。

人間関係

職場内での人間関係でストレスを抱えている人は多いです。


体力的にもハードな仕事であることから、職場内の雰囲気がギスギスしがちになる場合もあります。


特に職場で面倒な上司や先輩があると、こうした雰囲気になりがちです。


無理な仕事を押し付けてきたり、言葉の暴力とも取れるようなパワハラを受けたり、といったことは大きなストレスになります。


また仕事ではチームワークが何よりも重要ですので、なかなか同僚に自分の意志が伝わらないとストレスになります。


多くの人が集まる職場ほど、こうしたストレスに悩まされやすいです。

給料(待遇)

人によっては給料の低さがストレスの元になることがあります。


整備士の仕事には特有の利益構造があることから、給料が低い職場も少なくありません。


自動車点検や整備の仕事には、リフトをはじめさまざまな特殊な設備が必要になります。


仕事で使用される設備は多額の費用がかかることから、リース契約で導入している会社も多いです。


購入したとしても、購入した分の費用を回収するまでには時間がかかります。


自動車整備の職場の維持費用はそれなりにかかることから、その分整備工場で働いている整備士の給料が低くなります。


給料はやる気に直結しやすく、なかなか給料が上がらないと仕事へのモチベーションを維持することが難しくなります。

整備士の仕事がストレスになる原因

このように整備士の仕事がストレスになるのには原因があります。

体力勝負なことが多い

前述の通り、整備士の仕事は体力が資本です。


そのため、整備工場では体育会的な気質を持つところもあり、それがストレスの原因になることがあります。


また整備士の仕事はただ重たいものを持ち上げるだけではなく、中腰の姿勢のまま仕事を行うことが多いです。


同じ姿勢を続けていると、疲れが蓄積されて足腰を痛めてしまうことがあります。


身体が不調になりますと、休日にもかかわらず、わざわざ病院へいかなければならないことも増えてきます。

職場によっては手取りが低くなることも

人手不足の傾向にあることから待遇改善が進められている整備士業界ですが、それでも手取りが少ない職場もあります。


いつも残業をこなしているにもかかわらず、給料の手取りが思った以上に少ないというケースは少なくありません。


新人のようにキャリアが比較的浅いと、「残業をしても手取りが15万円にしかならない」ということがあります。


いくら車が好きと言っても、手取りが低い状態は大きなストレスになります。

整備士の仕事のストレスを解消する方法

こうした整備士の仕事のストレスを解消していく方法はあります。


ストレスをできるだけ減らしていくことで、整備士の仕事を長く続けていけるようになります。

仕事のミスを減らしていく

仕事上のミスをなくしていくと、ストレスが減って、気持ちよく作業をこなせるようになります。


整備士の仕事のミスを減らす方法としては、指差し確認があります。


単純なやり方だと思われるかもしれませんが、こうしたアナログ的な方法がヒューマンエラーを防ぐうえでとても役に立ちます。


いったんすべての作業を終えたら、小さな声で合図して指差し確認をしましょう。


特にいつもと違う状況で作業する時は、ちょっとしたミスをしがちなので、指差し確認は有効です。

仕事の中に楽しさを見つける

仕事が単純でつまらないと感じた時、まずは今やっている仕事についてもう一度考えてみましょう。


「どうしてその仕事が嫌なのか」、「本当に整備の仕事に飽きてしまったのか」など突き詰めていくと答えが見つかるかもしれません。


例えば車検整備だけをやっているのであれば、他の業務をやらせてもらえないか交渉するしてみると、仕事へのやりがいを取り戻せる可能性があります。

自分の考え方を変える

人間関係に関するストレスを解消するコツは、自分の考え方を変えることです。


基本的に自分以外の人の考え方を変えるのは容易ではありません。


人間は他人からの干渉を嫌うので、自分を変えていく以外に方法はありません。


自分の行動のどこに原因があり、自分のどんなところを変えればいいか考えることが大切です。

スキルアップを目指す

もし待遇面でストレスを抱えている場合は、スキルアップする方法が有効です。


現在自動車整備士2級の人であれば、1級を目指してみるといいでしょう。


1級になりますと、主任整備士・副工場長・工場長など管理職にステップアップしやすくなります。


管理職になると役職手当があり、手取りが数千円〜数万円ほどアップします。


また、ガソリンや灯油などの引火性液体を扱う危険物取扱者やフォークリフト免許があると、担当できる仕事の幅が大幅に広がり、手取りがアップしやすくなります。

職場のストレスでどうしても悩むときは転職も有効

もしどうしても今の職場にいるのが難しい時は、転職を考えることをおすすめします。


自分一人では不安な転職活動でも、転職サイトを活用することでなるべくストレスなく内定を獲得することができます。

転職サイトのメリット

転職サイトを活用する最大のメリットは、豊富な求人が掲載されていることです。


整備士の転職に特化した転職サイトであれば、整備士関連の豊富な求人数が掲載されていて、希望する求人を見つけやすいです。


また転職サイトには転職をサポートする専任のアドバイザーが在籍しています。


履歴書の添削や面接のアドバイスなど、会社の面接の傾向やそれに合わせた対策をきちんと教えてくれます。


転職する上で重要なこと

転職する上で重要なことは自分の軸を考えることです。


自分が仕事に何を求めているのか、どういったことにやりがいを感じるのか、など考えていくと、自分が整備士として働く上でストレスが少ない職場を見つけることができます。


まとめ

肉体労働や職場の人間関係などで、整備士の仕事はストレスを感じやすいです。


自分の考え方を変える、キャリアアップするなど、原状を変える工夫をするとストレスを軽減することが可能です。


また今の職場にどうしても不満がある場合は転職も有効です。


自分がストレスを感じにくい労働条件の会社を探して、そこに転職すれば整備士として仕事を続けやすくなります。

 アップガレージグループが提供する、自動車業界専門の転職エージェント「BoonBoonJob」にお任せください!

転職は、人生を決める大きな決断です。未経験からの転職、経験を活かしたキャリアアップなど、転職を考える理由は様々です。特に、専門的な業界での転職を考える際、年収アップ、やりがい、職場環境、ライフワークバランスが気になる方も多いはずです。


「BoonBoonJob」は、自動車業界専門の転職エージェントです。「他の転職エージェントにはない求人があった」と他のエージェントでは見つけられなかった魅力的な案件と巡り合えるかもしれません。


20代・30代の若手から40代・50代のミドル世代まで、転職活動を効率的に進めるために国家資格のキャリアコンサルタントを始め、有資格者のキャリアアドバイザーが安心サポートします!


自動車業界の内情を徹底的に把握しているため、求職者と企業とのミスマッチが少ないことも強みです。少しでも興味を持たれた方は、まずは求人検索をご活用ください!


▼LINEからもお気軽にお問い合わせください▼


多数の求人を掲載しておりますので

ぜひ、BoonBoonJobサイトでチェックしてみてください😍






このブログの人気の投稿

今さら聞けないUberとは?UberEatsとUberの違いは?日本ではUberTaxi使える?詳しく解説!

【新着求人】3月は企業の採用意欲は強く、ライバルも少ない!3月の新着求人情報をご紹介!

【新着求人】2月は転職市場が最も盛り上がる時期!2月の新着求人情報をご紹介!