自動車整備士の面接対策とは?面接の流れや頻出する質問など


自動車整備士として働く上で避けては通れないのが面接です。


面接で担当者に好印象を与えておかないと、せっかくの自分の長所をアピールすることができません。


面接を成功させるにはポイントをしっかり押さえる必要があります。


今回は自動車整備士の面接の流れや頻出する質問などを解説しています。

自動車整備士の面接の準備


自動車整備士の面接で慌てることのないように事前準備をしっかり行いましょう。


持ち物はもちろん、身だしなみもきちんと確認しておく必要があります。

持ち物

自動車整備士の面接で必要になる持ち物は以下の通りです。


  • 履歴書や職務経歴書などの応募書類(あらかじめ提出している場合は不要)
  • 応募書類のコピー
  • 筆記用具
  • メモ
  • 応募先の会社までの地図
  • 求人
  • 応募した会社から当日持参するように支持されたもの

履歴書や職務経歴書といった応募書類は必須です。


当日の面接ではこれらの書類を元に質問が行われますので、もう一度必要書類を見直しておきます。


当日はメモをとることもありますので、筆記用具とメモ帳を持参しておきます。


会社までの地図はスマホで確認することができますが、電池切れが心配な方は会社までの行き先をプリントアウトして持参しておくといいでしょう。


求人票も持参しておきます。


また会社によってはその他、持っていくべき書類などを指定されることがありますの、そうしたものも忘れないようにしましょう。


身だしなみ

現場主体の仕事であっても、他の職種と同じく面接ではスーツを着用して臨みます。


スーツの色は黒や紺、グレーが基本です。


そしてスーツには白いシャツ、ネクタイ、黒もしくは茶色の革靴を合わせます。


ビジネスバッグは革もしくはナイロン製のものを用意しておくといいでしょう。


スーツの着用方法は、ジャケットのボタンが3つある場合は真ん中のボタンだけを留め、2つなら上のボタンだけを留めるのが基本です。


また夏場であっても基本的にはジャケット・ネクタイを着用しておくことが必要です。


ただ夏場に面接会場まで行くのにジャケットを着ていくのは難しいかと思います。


そのため、面接会場の手前まではネクタイを外し、上着を脱いでおき、会場内に入る際に着用するようにしましょう。

自動車整備士の面接の流れ


当日の面接をきちんとこなせるように、一通りの流れを確認しておきましょう。


以下の流れを意識して面接対策をしておくと、本番当日の緊張を和らげることができます。

会場に到着

当日は時間に余裕を持って、指定されている時間の10分前までには会場に到着しましょう。


面接会場の中で携帯電話がなってしまうのは失礼と見なされることが多いので、携帯電話はマナーモードにするか電源をオフにしておきます。


コートを着用している場合は会場内に入る前に脱いでおきます。

5分前に受付で面接官を呼ぶ

面接の受け付けに行く時間は5分前が基本です。


受付に来た際には「本日14時に〇〇様と面接のお約束をしております、〇〇と申します」と一言伝えておきます。


面接本番のみならず、会場に出るまで応募者の行動は確認されています。


途中すれ違った社員には必ず挨拶をしておき、受付の近くに椅子があっても、指示されない限りは座らないように注意しましょう。


面接場所へ向かう

案内係の方に呼ばれたら、面接が行われる部屋まで行きます。


室内に面接担当者がいますので、ドアを3回ノックし、「どうぞ」と返事があれば「失礼します」と言い、静かに入室します。


ドアへ向いてドアを閉めた後、「「◯◯と申します。本日はよろしくお願いいたします」と挨拶します。


「お座りください。」と指示されたら、用意されている椅子に着席します。


面接を行う

面接では応募者が記入した履歴書や職務経歴書を元に質問が行われます。


面接ではさまざまな質問が行われますので、丁寧な回答を心掛けましょう。


最初の質問では自分の略歴について聞かれます。


これまでの学歴や職歴はもちろん、整備士の面接ですので自分が整備した車種やスキルにも触れると面接担当者にアピールすることができます。


面接終了

面接が終了したら、立ち上がり「本日はありがとうございました」と一言お礼を言います。


その後に室内から離れます。


なお室内を出る前にもう一度お礼を言い、深いお辞儀をしておきます。


面接で好印象を与えるポイント


自動車整備士の面接で成功するためには担当者にいかに好印象を与えるかが重要です。


担当者はちょっとした行動も観察していますので、些細なところにも気を配る必要があります。


マナーを守る

実際の自動車整備士の仕事もそうですが、マナーを守ることは社会人としての基本です。


面接会場内での挨拶、ノックの仕方やドアの開け閉め、座る時の姿勢など、相手に失礼がないような振る舞いを心掛けましょう。


基本的なマナーがしっかり出来ていると担当者の印象が良くなり、気持ち良く面接を進めることができます。


笑顔を忘れない

緊張しやすい人ですと、どうしても緊張から厳しい顔になってしまうこともあるかもしれません。


普段から常に明るい顔を心掛けていると、面接当日でも笑顔で受け答えができるようになります。


表情が明るいだけで面接担当者の評価が上がります。


自動車整備士は点検・整備の説明でお客様と直接接することがありますので、いかに笑顔で受け答えできるかが面接では重要視されます。

履歴書・職務経歴書に書いた内容をきちんと説明する

面接は経歴書・職務経歴書に沿って行われます。


自分が書いた書類といっても、その内容をすべて覚えているとは限りません。


忘れてしまっている内容もあることを考え、面接本番まで書類を一通り見直しておきましょう。


過去に対応した車種・メーカー、経験した修理項目、点検項目は聞かれやすいので、わかりやすく説明できるように練習しておくことが望ましいです。


自動車整備士の面接で頻出する質問


ここでは自動車整備士の面接で頻出する質問と回答のポイントを解説していきます。


今まで対応した中で特に難しかった修理業務は何ですか?

この質問には整備士としてのスキルだけではなく、難しい物事にも動じずに取り組めるかどうかを見るという意図があります。


苦手なことがあっても、この車種の整備にはこのようにして取り組んだなど、自分が頑張ったことを伝えると評価が上がります。

仕事でミスをした際はどう対処しますか?

業務の中でミスをしてしまうことはあります。


ミスをそのままにしておくと大きなトラブルにつながる可能性があります。


それを踏まえて、面接担当者は誤りを正直に認め、改善していけるかを面接で確認します。


自分の過去の経験を交えながら、どのように改善していくのかを説明するといいでしょう。


整備に不満がある顧客にはどう対応しますか?

多くのお客様と接している以上、時に整備に不満を持たれる方もいらっしゃる場合があります。


経営のために、会社では多くのお客様と信頼関係が築ける整備士を求めています。


そのため、面接ではプロ意識やコミュニケーション能力などを確認しています。


回答する際は、そのお客様にどう対応し、納得してもらうかを説明するようにしましょう。

まとめ

自動車整備士の転職面接はきちんと対策を行うことで対応することができます。


ただ自分一人で面接の準備をするのは不安だと思います。


そこでおすすめしたいのが転職サイトです。


整備士転職サイトBoonBoonJobでは専任のアドバイザーが書類添削や面接対策をしっかりサポート。


内定後の条件交渉も引き受けてくれるので安心です。


転職活動に安心して取り組めるように準備しておきましょう。

 アップガレージグループが提供する、自動車業界専門の転職エージェント「BoonBoonJob」にお任せください!

転職は、人生を決める大きな決断です。未経験からの転職、経験を活かしたキャリアアップなど、転職を考える理由は様々です。特に、専門的な業界での転職を考える際、年収アップ、やりがい、職場環境、ライフワークバランスが気になる方も多いはずです。


「BoonBoonJob」は、自動車業界専門の転職エージェントです。「他の転職エージェントにはない求人があった」と他のエージェントでは見つけられなかった魅力的な案件と巡り合えるかもしれません。


20代・30代の若手から40代・50代のミドル世代まで、転職活動を効率的に進めるために国家資格のキャリアコンサルタントを始め、有資格者のキャリアアドバイザーが安心サポートします!


自動車業界の内情を徹底的に把握しているため、求職者と企業とのミスマッチが少ないことも強みです。少しでも興味を持たれた方は、まずは求人検索をご活用ください!


▼LINEからもお気軽にお問い合わせください▼


多数の求人を掲載しておりますので

ぜひ、BoonBoonJobサイトでチェックしてみてください😍









このブログの人気の投稿

今さら聞けないUberとは?UberEatsとUberの違いは?日本ではUberTaxi使える?詳しく解説!

【新着求人】3月は企業の採用意欲は強く、ライバルも少ない!3月の新着求人情報をご紹介!

【新着求人】2月は転職市場が最も盛り上がる時期!2月の新着求人情報をご紹介!