整備士に採用されるのは難しい?採用を突破する方法について


整備士に採用されるのは難しいという人もいます。資格が求められることが多く、難しそうな印象があるかもしれません。


ただ実際に採用されるのは難しいのでしょうか。


今回は整備士に採用されるのが難しいか、採用率を高めるためには何をすべきかについて解説していきます。


整備士の採用は難しい?


実際のところ自動車整備士に採用されるのは難しいのでしょうか?


整備士の採用はそこまで難しいわけではない

整備士の仕事は高度な技術や経験、やる気などが要求されることもあり、採用されるのは簡単ではありません。


ただ実際のところ整備士に採用されるのはそこまで難しいというわけではなく、きちんと転職活動の準備をしておけば採用を突破することは可能です。


整備士の転職ではスキルももちろん見られますが、肝心なのはやる気です。


転職希望者がいかにその会社で真面目に働いてくれるかをしっかりアピールすることで、採用担当者に誠意を見せることができ、採用につながります。


整備士としての転職に向けて事前準備をしていけば、無事に内定を獲得できます。

転職市場での整備士の需要は多い

現在では整備士は転職市場において需要が高いです。


その理由は整備士の人手不足にあります。


全国的に自動車整備士は人手不足の傾向にあり、事業に支障が生じる可能性のある整備工場も少なくありません。


そのため、多くの整備工場では整備士を求めており、人材確保のために環境や待遇の改善に取り組んでいます。


また今後は自動運転技術の発達など自動車市場を取り巻く技術革新により、ますます整備士の需要が増えることが予想されます。


以上のことから、現状では整備士は転職がしやすいと言えます。

整備士の採用されるのが難しいと感じる理由

このように、自動車整備士には多くの需要があります。


しかし、それでも人によっては以下の理由で整備士の転職が難しいと感じることもあります。

専門資格が必要なことが多い

最近では無資格者も募集している整備工場もありますが、有資格者を求めている職場の方が多いです。


その理由は専門資格によって担当できる仕事内容が決められているからです。


無資格者の場合、整備工場でできる仕事内容はタイヤ交換やエンジンオイルの交換、板金塗装の補助などになります。


一方で自動車整備士の資格があると、タイヤ以外の足廻り部分の整備、エンジン分解、点検整備といった仕事もできるようになります。


特に足廻りに関わる部分は自動車の安全性に直結する箇所であることから、この部分を担当できる人材はどこでも必須とされています。


こうした理由から、自動車整備士の求人では有資格者のみを募集している整備工場が多いです。

志望動機を考えなければならない

整備士として転職する場合でも志望動機を考えることはとても重要です。


特に無資格・未経験から整備士の仕事に転職を考える場合は、なぜ今の職種ではなく、整備士を志望したのかが面接で聞かれることが多いです。


本心であっても、整備士の仕事が安定しているからと答えると、採用担当者から「ありきたりである」、「仕事が長続きしそうにない」などと思われ、面接での評価が低くなる可能性があります。


そのため、整備士の転職ではしっかりとした志望動機をつくらなければなりません。


これは整備士経験者であっても同様です。


人によっては志望動機を考えるのが苦手で、整備士の転職が難しいと感じることもあるでしょう。


志望動機を考えるコツは自己分析を行うことです。


自己分析をして自分を振り返り、仕事に対する価値観やモチベーションの源泉を知ることで、整備士に転職する理由がわかるようになります。

整備士の採用面接を突破する方法

整備士の転職を難しいと感じる理由の一つに面接を挙げる人もいます。


しかし、整備士の面接についてはコツをおさえておくと対応しやすくなります。

整備士の資格を取得する

無資格から整備士に転職する場合、自動車整備士の資格を取得しておくと転職が楽になります。


整備士の資格があると志望動機の形成や自分のやる気をアピールでき、面接で話せる内容が多くなります。


無資格者であればまずは自動車整備士3級を取得しておきましょう。


3級からでも募集している整備工場もあり、無資格である場合に比べて求人を見つけやすくなります。


資格を取得する方法としておすすめなのが自動車整備士の専門学校に通うことです。


国が指定している自動車整備の専門施設を卒業することで自動車整備士3級を取得することができる上、二級自動車整備士の受験資格も取得することができます。

職務経歴書をきちんと作成する

職務経歴書は応募する会社に自分の魅力をアピールするために欠かせない書類です。


応募先の会社の担当者は職務履歴書に目を通し、どのような人物なのかを把握します。


その上で、面接で質問を行います。


職務履歴書を作成する上で大切なことは、これまでどのような会社でどういった仕事をしてきて、そこでどういったスキルや経験を身につけたかを書くことです。


職務履歴書を作成する前にメモ帳などを用意して、そこに会社名や入退社年月、経験業務や役職、仕事で感じたことなどを書き記していくといいでしょう。


これまでの自身の経験を振り返ることで職務履歴書を作成しやすくなります。

面接対策を行う

採用面接を突破するためには面接対策をきちんと行う必要があります。


面接対策は付け焼き刃で行うことは不可能であり、時間をかけて準備していく必要があります。


自分が転職を希望する会社を調べる、過去に整備士として転職した人の経験を参考にするなど、きちんと対策しておきましょう。

整備士の採用面接が難しいと感じたら転職エージェントに相談を

経験・未経験問わず、整備士の採用面接は難しいと感じることが多いです。


そんな難しい面接対策をサポートしてくれるのが転職エージェントです。

転職エージェントをおすすめする理由①企業ごとのアドバイスがもらえる

転職エージェントを活用する最大のメリットは、企業の情報収集がしやすくなることです。


個人ではなかなか手に入りにくい企業の面接に関する情報でも、転職エージェントを通して入手することができます。


これまでにその会社を受けた転職希望者が面接で聞かれた質問、会社ごとの希望する人材など、面接対策に役立つ情報を数多く持っています。


こうした情報を利用すると転職活動がしやすくなります。

転職エージェントをおすすめする理由②面接対策をしっかり行ってくれる

個人ではなかなかやりにくいのが本番の面接対策です。


面接の練習となると、面接官役ができる相手がいる必要があります。


転職エージェントでは面接の練習にも対応してくれるので、本番に向けて場数を踏むことができます。


少しでも本番に近いかたちで予習をしておけば、採用面接当日の緊張を和らげ、面接担当者とのやりとりを円滑に進めていくことができます。


転職エージェントでは整備士の求人に特化したかかちで面接練習を行ってくれるので、きちんと転職に向けた面接対策が行えます。

転職エージェントをおすすめする理由③条件交渉も引き受けてくれる

転職エージェントでは他にも企業側との条件交渉にも応じてくれます。


求職者の側ですと、どうしても待遇のことなど労働条件に話を切り出しにくいです。


転職エージェントを活用すれば、こちらの代わりに企業側との条件交渉を引き受けてくれます。


個人での交渉に比べ、転職エージェントを通すとこちらの希望が通りやすくなります。


面接対策そのものは問題がないという方でも、労働条件の交渉のために転職エージェントを活用してくれることをおすすめします。

まとめ

多くの整備工場では人手不足であるため、整備士の転職活動はそれほど難しいわけではありません。


しかし、きちんと転職活動の準備をしておかないと採用面接で失敗してしまいます。


自分で対策する、転職エージェントを活用するなどして準備しておきましょう。


整備士の転職エージェントとしては、BoonBoonJobがおすすめです。


数多くの整備士の求人を掲載しており、希望の職場を見つけやすいです。


転職活動の際は活用してみましょう。


 

 アップガレージグループが提供する、自動車業界専門の転職エージェント「BoonBoonJob」にお任せください!

転職は、人生を決める大きな決断です。未経験からの転職、経験を活かしたキャリアアップなど、転職を考える理由は様々です。特に、専門的な業界での転職を考える際、年収アップ、やりがい、職場環境、ライフワークバランスが気になる方も多いはずです。


「BoonBoonJob」は、自動車業界専門の転職エージェントです。「他の転職エージェントにはない求人があった」と他のエージェントでは見つけられなかった魅力的な案件と巡り合えるかもしれません。


20代・30代の若手から40代・50代のミドル世代まで、転職活動を効率的に進めるために国家資格のキャリアコンサルタントを始め、有資格者のキャリアアドバイザーが安心サポートします!


自動車業界の内情を徹底的に把握しているため、求職者と企業とのミスマッチが少ないことも強みです。少しでも興味を持たれた方は、まずは求人検索をご活用ください!


▼LINEからもお気軽にお問い合わせください▼


多数の求人を掲載しておりますので

ぜひ、BoonBoonJobサイトでチェックしてみてください😍






このブログの人気の投稿

今さら聞けないUberとは?UberEatsとUberの違いは?日本ではUberTaxi使える?詳しく解説!

【新着求人】3月は企業の採用意欲は強く、ライバルも少ない!3月の新着求人情報をご紹介!

【新着求人】2月は転職市場が最も盛り上がる時期!2月の新着求人情報をご紹介!