pitスタッフとは?仕事内容やおおよその年収など

 pitスタッフとは?仕事内容やおおよその年収など

自動車のメンテナンスを担う人材として重宝されているpitスタッフ。


実際のところ、pitスタッフとは具体的にどのような仕事なのでしょうか。


今回はそんな気になるpitスタッフの仕事内容やなり方、働くメリットなどを解説していきます。



pitスタッフとは?

pitスタッフが行う仕事内容は以下の通りです。

仕事内容

pitスタッフが行う主な仕事内容は、自動車のメンテナンスになります。


オイル・タイヤ・ワイパーといった、日常のメンテナンス品の交換はもちろん、ナビゲーションやドライブレコーダーなどの電装部品の取り付け作業も行います。


また自動車の点検業務についてもpitスタッフが行います。

整備士との違い

pitスタッフと同じく自動車のメンテナンスを担当する仕事に整備士があります。


たしかにこれらの仕事内容は共通しており、pitスタッフの仕事をする上で整備士の知識が必要になることがあります。


しかし、これらの仕事には違いがあります。


pitスタッフの場合は、部品交換や点検作業が中心になります。


その一方で整備士の場合は、故障した自動車の修理も担当します。

pitスタッフになるには?

pitスタッフになるにあたっては特別な資格は必要なのでしょうか。

無資格でも働くことができる

多くの会社の求人では無資格でもピットスタッフを募集しています。


そのため、自動車に関する知識があまりないという方でもピットスタッフの仕事を始めることができます。


近年では社員教育を積極的に行っている会社が多く、入社してからは資格取得支援制度を利用して自動車整備士や自動車検査員の資格取得を目指すことができます。


基本的に資格取得に関わる費用の負担や、講習を受講する時間調整などは会社側が引き受けます。


そのため、安心してpitスタッフとしてスキルアップしていくことができます。

整備士資格があると有利

それでも整備士資格があると、pitスタッフに転職したいという時に有利です。


資格があると無資格である場合と比べて選べる仕事の幅が大幅に広がります。


正社員の仕事となると資格が必要となるケースが多く、無資格者の仕事はどうしてもアルバイト・パートの担当になってしまいます。


たとえ応募要件に資格が記載されていない場合でも、有資格者の方が担当できる仕事の幅が広い分、採用されやすくなります。


もし無資格者でpitスタッフに転職したい場合は、自動車整備士や自動車検査員などの関連資格の取得を目指すことをおすすめします。

pitスタッフに向いている人

pitスタッフに向いている人の特徴は次の通りです。

自動車が好きである

自動車に触れる仕事であることから、自動車が好きな人には向いていると言えるでしょう。


ただ自動車が好きというだけではなく、自動車に関する技術にもきちんと目を向ける必要があります。


自動車の技術は日々進歩していて、新しい技術を学んでおかないと仕事に支障ができます。


pitスタッフとしてきちんと務められるように、自動車に関する知識をアップデートしていきましょう。

体力がある

立ち仕事がメインであるため、勤務中はそれなりに体力を消費します。


また勤務中は職場のあちこちに行って作業をすることもありますので、それなりに動くことがあると考えていいでしょう。


整備士を経験している方であればある程度の力仕事をこなしてきているため、それほど苦にはならないでしょう。


コミュニケーションが苦にならない

どんな仕事でも必要最低限のコミュニケーション能力が求められます。


お客様との会話はもちろん、職場内でのチームワークのためにもコミュニケーションは必要です。


また転職の際の面接でもコミュニケーション能力は重要視されています。


自分の専門性を高めつつ、コミュニケーション能力も重視していきましょう。


臨機応変に対応できる

pitスタッフの仕事はメンテナンスだけではなく、場合によっては接客を引き受けることもあります。


そのため、さまざまな仕事に即座に対応できる臨機応変さが求められます。


また混雑しているときは、テキパキと仕事ができる要領の良さも重視されます。


仕事の要領が良くなると仕事がそれほどきつくならなくなりますし、周囲からも高く評価されやすくなります。

pitスタッフの年収

pitスタッフの仕事を考える上で年収は気になるところです。


pitスタッフのおおよその年収は次の通りです。

おおよその年収

一般的な求人サイトに掲載されている情報によると、pitスタッフの仕事の平均年収は約380万円となっています。


ただこれはあくまでも目安であり、勤務先の会社や経験年数などによって異なります。


また整備士など専門資格がある場合は、年収は400万円以上になるところが多いです。


資格がある場合は、資格手当として昇給のチャンスがあります。


さらに店舗の店長や店長代理などの管理職になれば年収が500万円以上アップします。

他の職種との比較

令和3年度の賃金構造基本統計調査によれば、自動車整備士や自動車営業の年収は以下の通りです。


自動車整備士の平均年収は454.1万円です。


自動車営業の平均年収は約523万円となっています。


pitスタッフとして年収をアップさせるには?

pitスタッフとして年収をアップさせる上では、日々のスキルアップは欠かせません。


自動車整備士であれば2級以上を目指すことを目標にするといいでしょう。


ある程度スキルがあると認められると昇給のチャンスがありますし、転職でも年収の高い会社に転職しやすくなります。


日々の仕事を頑張りつつ、資格取得に向けて準備をしていくようにしましょう。


さらに職場からできる人材であると認められると、管理職に昇進しやすくなります。


普段から仕事を頑張り、管理職への昇進を目指してみましょう。

pitスタッフを目指すなら転職サイトがおすすめ

pitスタッフに転職しようと思っても、何から手をつければいいかわからない方も多いと思います。


特に情報収集の面では、個人ですと会社の情報を収集しにくいこともあります。


そうしたときにとても心強いのが転職サイトです。


転職サイトでは転職希望者に履歴書の添削や面接のアドバイスなど、さまざまなサポートをしてくれます。


転職活動というと一人で進めていくイメージがあって心細いという方もいらっしゃるかもしれませんが、転職サイトを活用すればきめ細かいサポートが受けられるので安心です。


面接対策については自分が受ける企業の面接の傾向やそれに合わせた対策をきちんと教えてくれることもあります。


実際に面接の練習をしてみると、自分では気がつかなかった改善点が見えてくることが多いです。


自動車関連の仕事に特化した転職サイトであれば、指定工場のガソリンスタンドをはじめ豊富な求人が掲載されています。


中には一般的な求人サイトでは掲載されていない非公開求人も紹介してくれます。


こうした非公開求人の場合は給料や福利厚生などの条件が公開求人と比べていい場合が多いので、転職サイトを利用する際は確認しておきましょう。


まとめ

pitスタッフとは、自動車の部品交換などメンテナンスをしたり、点検したりする仕事です。


無資格でも入社することは可能ですが、専門性の高い仕事であるため、自動車整備士の資格があるといいでしょう。


また資格があると資格手当がついて、年収アップを狙えます。


整備士の資格がある方は、pitスタッフを目指してみるといいでしょう。


自動車業界専門の転職エージェント「BoonBoonJob」にお任せください!

転職は、人生を決める大きな決断です。未経験からの転職、経験を活かしたキャリアアップなど、転職を考える理由は様々です。特に、専門的な業界での転職を考える際、年収アップ、やりがい、職場環境、ライフワークバランスが気になる方も多いはずです。


「BoonBoonJob」は、自動車業界専門の転職エージェントです。「他の転職エージェントにはない求人があった」と他のエージェントでは見つけられなかった魅力的な案件と巡り合えるかもしれません。


20代・30代の若手から40代・50代のミドル世代まで、転職活動を効率的に進めるために国家資格のキャリアコンサルタントを始め、有資格者のキャリアアドバイザーが安心サポートします!


自動車業界の内情を徹底的に把握しているため、求職者と企業とのミスマッチが少ないことも強みです。少しでも興味を持たれた方は、まずは求人検索をご活用ください!



このブログの人気の投稿

今さら聞けないUberとは?UberEatsとUberの違いは?日本ではUberTaxi使える?詳しく解説!

【新着求人】2月は転職市場が最も盛り上がる時期!2月の新着求人情報をご紹介!

パラリンピック開催中!選手を支える車いすの整備士を詳しく解説!どんな仕事?どういう人がやるの?整備士にも注目して試合を見てみよう!