整備士に出会いはない?出会いの実情について


整備士の仕事は男性のイメージがある人もいることから、出会いがないと思われる方もいらっしゃるかもしれません。


しかし、近年では整備士の周りの労働環境の変化もあり、実情が少しずつ変化してきています。


今回はそんな整備士の出会いの可能性について解説していきます。


整備士には出会いはある?


男性が主体のイメージで、出会いが少ないイメージのある整備士ですが、実際のところ出会いがないわけではありません。


実際のところ整備士で結婚している人は多い上、最近では整備士として活躍している女性も増えてきています。


そのため、職場によっては出会いの機会はあります。


また整備士でも接客業務を担当する中で女性のお客様に応対し、好意を持たれるというケースもあります。


その他、職場で女性と接する機会が少なくても、プライベートの場に広げれば出会いの機会は存在します。


以上のことから、整備士であっても出会いの機会を見つけることができます。

自動車整備士と出会って結婚するメリット

結婚相手として自動車整備士を見た場合には以下のようなメリットがあります。


職種として安定している

自動車整備士は国家資格であり、一度資格を取得すると全国で長く働くことができます。


自動車はあらゆる仕事の現場になくてはならない輸送機器であり、プライベートでも多くの人が利用しています。


また最近では自動運転などAIを導入した自動車の開発が進められており、今後も整備士の高い需要が見込まれています。


また全国的に整備士は人手不足の傾向があり、経験を問わず新しい働き手を求めている企業は多いです。


そのため、転職する際にも選べる会社の選択肢が多く、比較的早く次の職場を見つけることができます。


一般的なサラリーマンとは異なり専門性が高く、今後も需要が伸び続けることから、安定している職業と言えるでしょう。

土日休みの職場もある

カーディーラーにて勤務される場合は、月曜日から水曜日までのいずれかが定休日に設定されていることが多いです。


基本的に土日はお客様への対応で忙しくなることが多く、休みが取りにくいです。


カーディーラーにとって多くのお客様が訪れる土日は稼ぎ時であり、平日と比べると業務が忙しくなります。


このように土日が忙しくなる一方で、ゴールデンウィークや夏季、年末年始といった長期の祝日は休業していることが多いです。


土日休みは難しいですが、長期休暇は比較的取りやすいと言えるでしょう。


ただし、中小企業や独立系のカーディーラーの場合は、こうした長期休暇の時期でも稼働していることがありますので、転職される際には長期休暇の時期における稼働状況をしっかり確認しておく必要があります。


小規模な町工場や整備工場の場合は、平日に出勤して、土日祝日は休みになることが多いです。


またカーディーラーと同じく、ゴールデンウィークや夏季、年末年始といった長期の祝日も設定されています。


ただし会社によっては整備士の人手不足や急な設備のトラブルの対応といった問題で、土日でも出勤しなければならない場合があります。


自動車の専門知識で役に立つ

整備士と出会うと車やバイクのことで相談できる機会があります。


休日のお休みのドライブ中にとっさのトラブルに見舞われても、整備士の仕事の経験があれば適切な対応がとってもらえます。


プライベートでも車に関するアドバイスがもらえる存在というのは、相手にとってとても心強いでしょう。

他の職種から整備士の印象

整備士は他の職種の人からの印象ですと、真面目に働いている、自動車に詳しいなど、頼れる存在として好感を持たれていることが多いです。


世間にはさまざまな仕事がありますが、自分がやりたいことに打ち込める仕事はそれほど多くありません。


そのため自分が興味を持つ自動車の整備に打ち込んでいる姿は、人によっては頼もしさを感じるでしょう。


電気自動車の普及や自動運転技術の発展などで職業としての安定性が保証されていることから、整備士はパートナーとして選ばれやすいです。


整備士として出会いの機会を増やす方法

整備士として出会いの機会を増やす方法としては、スキルアップする、新たなキャリアアップを見つける、転職するといった方法があります。

スキルアップする

整備士として出会いの機会を増やす最良の方法はスキルアップです。


自動車整備士資格は1級・2級・3級があり、今2級や3級の人はそれよりも上の級を目指すといいでしょう。



ガソリンや灯油などの引火性液体を扱う危険物取扱者やフォークリフト免許があると、仕事の幅が大幅に広がり、転職などを通して給料をアップさせることができます。


これらの資格取得に興味があれば、職場の人や知人などに話を聞いてみることをおすすめします。


また主任整備士・副工場長・工場長など管理職にステップアップすると、役職手当があり、給料を数千円〜数万円ほどアップさせることができます。


ただし管理職として働くためには、ある程度のスキルや技術はもちろんのこと、向上心やリーダーシップも必要になります。


管理職として何が求めているのか、職場で働く上司を参考にしながら自分の働き方を考えてみましょう。

キャリアパスについて考える

自動車整備士からのキャリアパスとしては現場の管理職の他、さまざまなルートがあります。


整備士として整備工場で働き続ける場合は、工場長や副工場長に昇進する可能性が見えてきます。


管理職ですので、メンテナンス計画の作成や現場環境の改善の他、人材育成などやるべき仕事が多いですが、その分やりがいがあり、役職手当によって給料アップが見込めます。


検査業務に関心がある場合は、自動車検査員として働くこともできます。


自動車検査員は「みなし公務員」とも言われ、「指定工場」では最低1名在籍していることが求められます。


お客様と接することが楽しいと感じられるのであれば、コミュニケーション能力を活かして自動車業界の営業職として働くことも可能です。


営業職は歩合制のところが多く、成果次第では整備士の時よりも大幅に給料をアップさせることができます。


転職する

出会いの機会を見つけるもしくは、出会ってから結婚するチャンスをつくるために給料をアップするという目的であれば、転職を検討してみるといいでしょう。


整備士の転職で最も役に立つのが転職サイトです。


中でも特におすすめしたいのが整備士の専門の転職サイトです。


自動車整備士専門の転職サイトBoonBoonJobでは、非公開求人も数多く掲載されていますので、自分の条件に合致した求人を見つけやすいです。


さらにBoonBoonJobでは応募に必要な履歴書・職務経歴書の添削や面接対策もしっかりと行ってくれます。


BoonBoonJobでは会社ごとの面接の傾向を詳しく教えてくれますので、面接対策をしっかりと行うことができます。


また内定してそれで終わりではなく、自分では言いにくい労働条件の交渉も転職サイトが代わりに引き受けてくれます。

まとめ

出会いの機会がないと思われがちな整備士ですが、最近では女性の整備士も増え、職場内でも出会いの機会があります。


自分で出会いの機会を増やすのであれば、スキルアップする、キャリアパスを考える転職するといったことを検討してみることをおすすめします。


整備士としての魅力を高め、出会いの機会を増やしていきましょう。

 

 アップガレージグループが提供する、自動車業界専門の転職エージェント「BoonBoonJob」にお任せください!

転職は、人生を決める大きな決断です。未経験からの転職、経験を活かしたキャリアアップなど、転職を考える理由は様々です。特に、専門的な業界での転職を考える際、年収アップ、やりがい、職場環境、ライフワークバランスが気になる方も多いはずです。


「BoonBoonJob」は、自動車業界専門の転職エージェントです。「他の転職エージェントにはない求人があった」と他のエージェントでは見つけられなかった魅力的な案件と巡り合えるかもしれません。


20代・30代の若手から40代・50代のミドル世代まで、転職活動を効率的に進めるために国家資格のキャリアコンサルタントを始め、有資格者のキャリアアドバイザーが安心サポートします!


自動車業界の内情を徹底的に把握しているため、求職者と企業とのミスマッチが少ないことも強みです。少しでも興味を持たれた方は、まずは求人検索をご活用ください!


▼LINEからもお気軽にお問い合わせください▼


多数の求人を掲載しておりますので

ぜひ、BoonBoonJobサイトでチェックしてみてください😍







このブログの人気の投稿

今さら聞けないUberとは?UberEatsとUberの違いは?日本ではUberTaxi使える?詳しく解説!

【新着求人】3月は企業の採用意欲は強く、ライバルも少ない!3月の新着求人情報をご紹介!

【新着求人】2月は転職市場が最も盛り上がる時期!2月の新着求人情報をご紹介!